知略も優れている警察戦隊パトレンジャー。

犯罪集団ギャングラーが狙っているルパンコレクションの偽物を展示し、パトレンジャーは、いつもの制服ではなく私服で会場に潜入して警備。

朝加圭一郎(結木滉星)と陽川咲也(横山涼)はスーツ姿。

明神つかさ(奥山かずさ)は可愛いスカート姿。

罠にかかってギャングラーが現れると、パトレンジャー3人が襲いかかります。

つかさがスカート姿で激しい戦闘アクションを繰り広げる貴重なシーン。

『怪盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』の明神つかさについて、ネットでは魅力的なヒロインの登場に話題沸騰です。

本日は、その明神つかさを演じる奥山かずささんの魅力にとことん迫ります。

奥山かずささんの特技や趣味、大好物や性格、そしてモデルとしての活躍などを紹介しましょう。

ぜひ、ご覧ください!
スポンサーリンク

奥山かずさのプロフィール

では、奥山かずさ(おくやま・かずさ)さんのプロフィールを紹介しましょう。
・生年月日 1994年3月10日
・出身 青森県
・身長 163センチ
・血液型 B型
・事務所 オスカープロモーション

奥山かずささんは野球が大好きで、野球を始めたのは小学生の時。

中学・高校とソフトボール部ですが、大学では応援する側のチアリーディング部に所属。

大好物は、牛タン、ピザ、マカロン。

野球は観戦するのも好きで、東北楽天ゴールデンイーグルスのファンです。

奥山かずささんは年間20試合も観戦するというから相当な野球ファンですね。

憧れの著名人は、室伏広治選手とミラ・ジョヴォヴィッチ。

奥山かずささんは大学進学に伴い、青森から仙台に転居しましたが、そこでスカウトされてモデルとして芸能界入り。

仙台コレクションの舞台も踏みます。

奥山かずささんは「週刊ヤングジャンプ・ギャルコン2014」で準グランプリに輝き、その後レースクイーンとして活躍。

レースクイーンの奥山かずささんは本当に魅力的です。

惜しみなく美ボディを見せるセクシースタイルで、多くの男性の熱視線が集中。

ショートボブがよく似合い、キュートなスマイルがたまりません。

そして、2016年、オスカープロモーション主催「第1回ミス美しい20代コンテスト」で、奥山かずささんは見事に準グランプリに輝きました。

その後、東京に進出し『怪盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』のパトレン3号・明神つかさ役に抜擢されます。

今までに芝居経験がない奥山かずささんは、この作品で念願だった女優デビューを果たします。

奥山かずさは可愛い性格?

奥山かずささん演じる明神つかさは、警察戦隊だけあって、キリッとした美人タイプ。

パトレン2号の咲也から「つかさ先輩」と呼ばれていますが、頼れる姉系キャラで、男勝りなヒロインです。

心が迷うパトレン1号の圭一郎の顔面をビンタして目を覚まさせたりと、とにかく強気なヒロイン。

しかし、奥山かずささんは、このつかさとは性格が真逆だと言います。

笑い上戸で、笑いのツボが浅いらしく、すぐに大ウケしてしまい、逆に友達から「今のそんなに面白かった?」と聞かれるほど。

奥山かずささんのインスタでも、両目を閉じて唇を向けるキス顔など、つかさが絶対にやらない画像がアップされていますね。

奥山かずささんは、つかさのようなしっかり者になりたいという気持ちはあるのですが、なかなかできないようです。

どちらかというと、つかさとは正反対の「かわいい女の子」タイプ。

ただ、つかさも、かわいいぬいぐるみが弱点で、周囲に誰もいないことを確認すると、ぬいぐるみに頬をスリスリ。

だいたい陰で見られています。
スポンサーリンク

奥山かずさはグラビアでも活躍! 可愛いと話題に

奥山かずささんは、顔も美人でかわいいですが、文句なしにスタイル抜群です。

白いTシャツにジーパン姿の画像だけでもドキッとさせるほど魅惑的なので、水着姿はKO必至レベル?

戦隊シリーズに出演して知名度が上がると、ネットでは奥山かずささんの大ファンになった人から感激の声が殺到しています。

「なんじゃこりゃー可愛すぎー!」「毎週癒やし枠確定」「胸の高まりが止まらない!!」「ピンクの制服似合いすぎ」

こういう感じで、あちこちに「かわいすぎる」「美しすぎる」という文字が躍っています。

奥山かずささんは「ミス美しい20代コンテスト」の時はショートボブでしたが、パトレン3号・明神つかさはロング。

ショートもロングも両方似合いますが、イメージは変わりますね。

インスタで奥山かずささんと工藤遥さんのツーショットがありますが、奥山かずささんはショートボブ。

つまり、明神つかさは編み込みセミロングのエクステですね。

Wヒロインのもう一人・早見初美花がショートなので、明神つかさはロングにしたのでしょうか。

奥山かずさの演技力は?

『怪盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』で初めて芝居に挑戦する奥山かずささん。

ところが、初めてには見えないナチュラルな演技を披露しています。

セリフも動作も表情も、新人女優という感じではないですね。

奥山かずささんの特技は運動で、趣味はトレーニングと答えるほど、体を動かすことが大好き。

しかし、スーパー戦隊シリーズのアクションシーンは、彼女の予想を超えていました。
アクションは苦手ではないという自信があったものの、ほかの5人が素早く動き、軽快に跳びはねるのを見て驚きを隠せません。

奥山かずささんは「最強レベルの運動神経が欲しいです」と本音を吐露しています。

ドラマが始まる前の舞台挨拶で、一列に並んで立った時、ほかの5人が後ろや前で礼儀正しく手を組んでいる中で、たった一人、奥山かずささんだけは違うポーズ。

両拳を握り、手を組まずにキリッとした表情で立っています。

これは「明神つかさ」の役に成り切っていたからでしょう。

明神つかさが変身前に怪人ギャングラーに襲われてしまうシーンがあります。

変身前の生身の体では、到底勝てるわけもなく、好きなように痛めつけられ、腕を捻られてしまいます。

激痛に耐えながらも怪人を睨みつけるつかさ。

戦隊ヒロインだから降参も哀願も許されないけど、焦りと弱気が顔に出ている感じは、なかなかスリリングな演技でした。

奥山かずささんは、キャスト披露イベントで挨拶。

「この作品が私の女優デビューの作品になるので、とても気合が入っています。皆さんに愛され、そしてカッコイイと思ってもらえるようなヒロインになれるように頑張ります!」

奥山かずささんは、思わず応援したくなる魅力的な女優です。

まとめ

奥山かずささんは、舞台挨拶で語っていました。

女優として初めてもらった役が「警察戦隊」と聞き驚き。

奥山かずささんの父は警察官で、彼女も子どもの時の将来の夢は警察官でした。

そして、大人になってからの夢が女優です。

つまり、警察戦隊パトレンジャーの役は、警察官と女優という2つの夢を同時に叶えてしまったわけです。

出演が決まった時「早く父に伝えたい」「ホントに幸せでした」と感激。

昔、父から逮捕の仕方も教わったらしく、これからも「本物」からアドバイスをもらえますね。