NHK大河ドラマ『おんな城主直虎』が急展開!
時代は戦国だけど民放連ドラばりのラブストーリーに!?

井伊家の領主・井伊直虎(柴咲コウ)が材木の商いのために雇った龍雲丸(柳楽優弥)と相思相愛!?
それを見てジェラシーを抑えきれない小野政次(高橋一生)

もう一人のヒロイン・高瀬(高橋ひかる)の正体も気になります。

そして、こちらも大河ドラマ『真田丸』で脚光を浴びた女優・岸井ゆきのさん。

知れば知るほど凄い女優だったんです。

ここでは、岸井ゆきのさんの出演作品と演技力、性格や身長、恋愛観や好きなタイプなどを紹介しましょう。

ぜひ、ご覧ください!
スポンサーリンク

岸井ゆきの プロフィール

では、岸井ゆきのさんの簡単なプロフィールを紹介しましょう。
生年月日:1992年2月11日
出身:神奈川県
身長:148.5センチ
血液型:AB型

趣味は、音楽鑑賞、観劇、お菓子作り、キックボクシング。
特技は、開脚。

小学生の時の将来の夢は体操選手で、器械体操を真剣にやっていて、オリンピックを目指していました。
ですから開脚どころか、バク転もできるんです。

18歳の時にカメラマンにスカウトされて、今の事務所・ユマニテに入りました。

19歳の時に舞台の話があり、そこで『創作』というものに魅了され、自分が本当にやりたいことは、これだと女優の道を歩むことを決心したんです。

映画にドラマに舞台と、出演作品は驚くほど多く、個性的な役が多いですね。

CMも好評で、ラジオやPV出演、ナレーションの仕事もしています。

岸井ゆきのさんの父は、俳優でナレーターの古屋隆太さん。

岸井ゆきの 出演作品まとめ

では、岸井ゆきのさんの出演作品を振り返ってみましょう。
まだ若いですが、全てを挙げきれないほど多くの作品に出演しています。

ますは、テレビドラマから。

『小公女セイラ』(2009年・TBS)で女優デビュー。

『Q10』(2010年・日本テレビ)

『太陽は待ってくれない』(2012年・テレビ東京)

『3つの告白 第3話』(2013年・TBS)

『玉川区役所 OF THE DEAD』(2014年・テレビ東京)

『グーグーだって猫である』(2014・2016年・WOWOW)

『99.9-刑事専門弁護士-』(2016年・TBS)

NHK大河ドラマ『真田丸』(2016年)

『レンタルの恋』(2017年・TBS)

『突然ですが、明日結婚します』(2017年・フジテレビ)

『十九歳』(2017年・フジテレビ)

映画は。
2015年は、『ぼくたちは上手にゆっくりできない』『壊れたハートを売り物に』

2016年は、『闇金ウシジマくん Part3』『森山中教習所』『ピンクとグレー』『壊れ始めてる、ヘイヘイヘイ』

『光と禿』で岸井ゆきのさんは、MOOSICLAB2016で最優秀女優賞を受賞。

『二重生活』『だれかの木琴』『太陽を掴め』にも出演し、2016年は大活躍の年。

『おじいちゃん、死んじゃったって』(2017年11月)で主演。

舞台でも大活躍。
『43』(2011年)

2012年は、『ヒッキー・ソトニデテミター』『あの山の稜線が崩れてゆく』『世界を終えるための、会議』『宮本武蔵』
『身の引き締まる思い』(2013年)

2014年は、『サナネギ』『髑髏朗読中目黒』

『気づいかいルーシー』(2015・2017年)

2016年は、『新年工場見学会2016』『るつぼ』

『髑髏城の七人 Season風』(2017年9月15日~11月3日)
スポンサーリンク

岸井ゆきの 演技力に期待!

岸井ゆきのさんの演技力について、巷で噂になっているのが、東京ガスのCMです。

就活中の女性役の岸井ゆきのさんは、不採用が続き、自分の全てを否定されているようで、落ち込みます。

母親の励ましもガスで温めた料理も心を癒さず辛い日々。

面接で凄く感触が良かったのに不採用のメールが来た時は、家に帰れず公演のブランコで一人。

その時、「やっぱりここか」と背中を押す母親。

彼女は思わず泣いてしまいますが、これはもう涙腺が強い人でももらい泣きしてしまうほどの自然な演技。

実は、あまりにもリアリティがあり過ぎて、就活中の人から「胸が痛い」という声が届き、放送中止に!

演技が上手過ぎて放送中止って、まさに武勇伝ですね。

大河ドラマ『真田丸』では、たか姫を演じましたが、弾けた性格の姫を伸び伸びと演じました。

『99.9-刑事専門弁護士-』では、売れないシンガーソングライター・加奈子を熱演した岸井ゆきのさん。

小料理屋「いとこんち」で深山大翔(松本潤)と会うたびに猛アプローチをかけるも、無視され続ける気の毒な加奈子の切ない片想い。

そういえば2018年1月に『99.9』の続編が放送決定ですが、岸井ゆきのさんも出てほしいですね。

『レンタルの恋』でも、道端すみれ(岸井ゆきの)は、山田公介(大賀)が大好きで、部屋に上がりこんで告白!

しかし公介が好きなのは、どうしても高杉レミ(剛力彩芽)

『突然ですが、明日結婚します』では、椿鬼奴さんと岸井ゆきのさんの漫才は笑わせてくれましたね。

いずれも個性溢れる憎めない愛すべきキャラが多く、生き生きとした芝居を感じます。

岸井ゆきの 彼氏いるの?

女性からも人気が高い岸井ゆきのさんですが、彼氏はいるのでしょうか?

熱愛の噂は見つかりませんね。
男性ファンにとっては嬉しい。

でも全く噂にならないというのも、本人的にはどういう気持ちでしょうかね。

岸井ゆきの 性格や好きなタイプは?

幼少の頃は部屋で一人で遊ぶ子で、もろインドア派だったそうですよ。

性格に関しては、聞けば聞くほど、大人しくて気遣いができる人で、冷静で、ドラマの役柄と正反対の印象。

ドラマでは全然大人しくないですからね。

インタビューバラエティ『水曜日のニョッキ』で恋愛について語ってくれた岸井ゆきのさん。

岸井ゆきの 好きな男性のタイプは?

「言葉選びが素敵な人」

こういう時に、こういう言葉を使うんだと、あまり聞かない言葉を聞くとステキだと思い、もっと話したくなると。

あとは、体調管理ができる人、健康な人。

岸井ゆきのさんが、風邪予防にはかなり真剣なので、これも仕事柄の責任感の強さだと思いますね。

「ひと目惚れは経験ないけど、信じる」と語る岸井ゆきのさん。

「ビリビリって来てドーン!」というのは、あってもいいなと。

では、男性から、「ひと目惚れしました」と言われたら?

「話してみないとわからないですよ」と言っちゃう。

好きな人ができたら、告白されたい派か、する派か?

岸井ゆきのさんは、駆け引きはできないし、したくないので、自分から告白したいと。

「バーッと行っちゃう。すごい誘ったりしちゃう」タイプのようですよ。

男性ファンの皆さん、参考になりましたでしょうか?

まとめ

身長148.5センチの岸井ゆきのさんは、小柄でかわいいという声も多いですが、本人は160センチくらいほしかったと。

電球が切れた時、脚立に乗っても届かなかったので悲しかったと笑う岸井ゆきのさん。

私生活はまだしも、芝居の時に、相手が長身だと困ることも多々あるようです。

ポスターなんかだと台に乗って背を合わせるようですが、岸井ゆきのさんいわく、台に乗ってのキスシーンじゃ男性のほうが感情入らないでしょうと。

まだ長身俳優と立ったままのキスシーンはないようです。

ともかく、2016年の出演作品の多さからいっても、岸井ゆきのさんは、グイグイと今後来そうな女優ですね。