視聴率1%のために熾烈な競争をしているため、他局の話題はタブーだった昭和の時代。

しかし最近は遊び心満載で、『貴族探偵』(フジ月9)でも他局ギャグが炸裂!

貴族探偵(相葉雅紀)が「だいたいドラマ化すると原作よりもつまらなくなるものだ」という話をすると、すかさずメイドの田中(中山美穂)が否定。

「でも逃げ恥はとても好評でしたよ」

フジ月9がTBSの「逃げ恥」を褒めるとは、最近は何でもアリです。

『貴族探偵』はベテラン陣で固めていますが、連ドラはフレッシュな俳優がブレイクするチャンスの場でもありますね。

今、予想以上に注目の的となっている女優が、堀田真由さん。

今回は堀田真由さんの出演作品や性格、コメントなどを詳しく紹介し、その魅力に迫りましょう。

ぜひ、ご覧ください!
スポンサーリンク

堀田真由さんのプロフィール

それでは最初に堀田真由さんの簡単なプロフィールを紹介しましょう。
生年月日:1998年4月2日
出身:滋賀県
身長:159センチ
特技:バレエ
所属:アミューズ 

堀田真由さんは、成島出監督の『ソロモンの偽証』(2015年)の生徒役オーディションに挑戦。

書類選考、二次審査を勝ち抜き、残り5名の最終選考まで行ったのですが、惜しくも落選。

光るものを感じたのか芸能事務所からスカウトされたのですが、再び別のオーディションに挑む堀田真由さん。

2014年、「アミューズオーディション2014」に応募し、見事、WOWOWドラマ賞を受賞!

32214人の中から選ばれて、夢が叶い芸能界入りを果たしました。

審査では6歳から始めたバレエを披露。

堀田真由さんはバレエ歴10年です。

LAMP IN TERREN『涙星群の夜』のミュージックビデオに完全メインで出演している堀田真由さん。

MVに起用されるということは、やはり演技力があると認められているんだと思いますね。

堀田真由のCMがかわいい?

「バイクが、好きだ」というホンダのCMに出演している堀田真由さん。

高校生の役ですが、「かわいい!」と好評です。

ネットの声を少し紹介しましょう。

堀田真由ちゃん、この子マジでヤバイ。カワイイのにスーパー天然記念物。みんさん、この子に注目しないとノリ遅れるよ

堀田真由CMで演じる高校生がかわいい!

シンフロのCMがすごい

そう、シンフロのCMというより、もはや映画的に凄い傑作なんです。

それは「おんせん県Uターン促進ムービー『ゆけ、シンフロ部!』」

このメンバーの中心的な存在として、高校3年シンフロ部のマユ役で出演した堀田真由さん。

シンクロの五輪コーチの指導を受けるという本格的な猛練習と撮影。

バレエ歴10年の堀田真由さんは、さすがにキレキレ!

でも、「筋肉痛でバッキバキでした」と大変だった練習と撮影を振り返ります。

滋賀県PRアドバイザーの堀田真由さんですが、この時ばかりは大分のために全力投球しました。

堀田真由 出演作品を振り返る

それでは、堀田真由さんの出演作品を見ていきましょう。

まだ若いですが、結構、ドラマにも映画にも出ているんです。

まずはテレビドラマから。

『テミスの求刑』(2015年・WOWOW)

『相棒14』(2015年・テレビ朝日)

『家売るオンナ』(2016年・日本テレビ)

『獄門島』(2016年・NHKBSプレミアム)

『ホクサイとご飯さえあれば』(2017年・MBS)

『&美少女~NEXT GILR meets Tokyo~』(2017年・フジテレビ)

『わろてんか』(2017年・NHK連続テレビ小説)

堀田真由さんは、ついに朝ドラに出演します。
朝ドラは脇役でも大ブレイクする俳優が続出。

今までも有村架純さん、勝地涼さん、ディーン・フジオカさん。
堀田真由さんもチャンスの半年間ですね。

4月20日のツイートで意気込みを語っています。

「平成29年後期連続テレビ小説『わろてんか』ヒロインの妹藤岡りん役で出演させて頂きます。陰ながら姉を支える女の子を精一杯演じたいと思います!」

では、映画の出演作品も見てみましょう。

『ママ、ごはんまだ?』(2017年2月11日公開)

『トモシビ 銚子6.4kmの軌跡』(2017年5月20日公開)

ほかにも4月22日のツイートで。

「とある映画のクランクアップでした! 今はぽかーんと寂しさと達成感でいっぱいですが、この出会いに感謝して次の作品も頑張ります」

どんな映画か情報解禁はまだのようですが、堀田真由さんは次々に映画の話も来そうな勢いを感じますね。
スポンサーリンク

堀田真由の天然エピソード紹介

インタービューなんか礼儀正しく、しっかりした受け答えですが、ケラケラ笑い転げて明るい性格ですね。

『トミーのトーク番組イッパイおごってよ!』にゲスト出演した堀田真由さん。

おばあちゃんもお母さんも天然という、代々受け継がれた天然だと自負する堀田真由さん。

あまり自慢にならないことを誇らしげな笑顔で言うあたり、すでに天然?

天然エピソードを聞かれると、中学の時、学校にカバンを持たずに登校してしまったと。

どうやら玄関に置き忘れたのですが、一緒に歩いて登校した友達も、カバンを持っていない堀田真由さんに気づかず。

お母さんも玄関にカバンが置いてあることに一日気づかなかったようです。

堀田真由さんの周囲はみんな天然?

「類は友を呼ぶって言うじゃないですか」と勝ち誇ったスマイルの堀田真由さん。

堀田真由さんは、滋賀県北びわこのPRアドバイザーですが、いきなり方言クイズを炸裂。

出題前に、「ででんっ」と言うところが笑えます。

「ジャジャン」ではなく、堀田真由さんの場合は、「ででん」なんですね。

「ででんっ。今日はしんどいわ・・・あああ、違う違う違う!」と大騒ぎ。

「しんどい」が答えなのに先に答えを言ってしまいました。

期待に応えて凄い天然ぶり。

じゃんけんも東京の「最初はグー」と違うようで、「グっとパーでヨーロッパ!」

志賀なのにヨーロッパ?

東京に来て、じゃんけんでこれをやった時、「え?」と硬直されたそうです。

料理は得意ではなさそうですが、バレンタインデーにはチョコレートを作ったと豪語する堀田真由さん。

チーズケーキや生キャラメルに挑戦。

作るのはお母さんで、堀田真由さんは材料を測る係。

それは作ったとは言いませんね。

これが上田晋也さんだったら、どれだけ激しい突っ込みを食らうか?

堀田真由さん、とにかく面白いし、裏を返せば度胸満点で、底が知れないですね。

また一人、楽しみな逸材が登場してきました。

トーク番組の最後に今後の決意を語っていたので、紹介しましょう。

「素敵な女性になるためにも去年よりワンランクアップした私をたくさんの方に見ていただけるように頑張ります!」

まとめ

若い役者なら、みんな「主役を張りたい」と思っていると思ったら間違いでしたね。

堀田真由さんは、主役を支える脇役に凄く興味があるようですよ。

「脇を固める名演技」「あっちにも、こっちにも出てる」

そんなふうに言われる演技派女優を目指していると語る堀田真由さんは、やはりひと味違うかも。

朝ドラの『わろてんか』では、ヒロインを支える妹という、まさに重要な脇役。

堀田真由さんのこれからの活躍に大いに期待したいと思います。