ハイスピードで展開していく『仮面ライダービルド』(テレビ朝日あさ9時)

桐生戦兎(犬飼貴丈)と万丈龍我(赤楚衛二)は先週わかり合えたと思ったら今週は殴り合っているという感じで、なかなか難しい二人です。

石動美空(高田夏帆)は超人気ネットアイドルとして情報収集。

度胸満点過ぎるジャーナリスト・滝川紗羽(滝裕可里)は危ない橋を渡り大ピンチになるところを、いつもビルドが助けてくれます。

氷室幻徳(水上剣星)がまさか人間ではなかったとは驚き。

とにかく『仮面ライダービルド』はテンポが速くて面白いです。

そして、本日紹介したいイケメン俳優も『仮面ライダーウィーザード』の白石隼也さん。

白石隼也さんが出演したドラマや映画、意外な趣味や演技力や好きな女性のタイプなど、あらゆる角度から紹介しましょう。
ぜひ、ご覧ください!
スポンサーリンク

白石隼也のプロフィール

では白石隼也(しらいし・しゅんや)さんのプロフィールを紹介しましょう。
○生年月日 1990年8月3日
○出身 神奈川県
○身長 175センチ
○血液型 A型
○事務所 ホリプロ

白石隼也さんは趣味・特技が多彩で、サッカー、スノボー、サーフィン、フットサル、落語、釣りです。

2007年に第20回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で見事準グランプリに輝き、芸能界デビューを果たします。

実は芸能界を目指していなかった白石隼也さんは、将来の夢はライターで、スポーツライターかジャーナリストを目指していました。

コンテストで準グランプリを獲得し、ダンスと演技のレッスンが始まり、大変に苦労しました。

17歳で芸能界に飛び込み、本格的に役者として面白さを感じたのが24歳頃というから、結構長い間葛藤があったのだと推測します。

尊敬する俳優は、名優ジョニー・デップ。

ドラマや映画のほかにも、バラエティ番組のレギュラー、舞台やCM、MV出演など幅広く活躍しています。

白石隼也の出演ドラマ映画まとめ

結構多くの作品に出演している白石隼也さん。

とても全部を紹介しきれないので、重要役の作品を紹介しましょう。

まずはテレビドラマから。
『ごくせん卒業スペシャル』(2009年・日本テレビ)
『ホンボシ~心理特捜事件簿~』(2011年・テレビ朝日)
『仮面ライダーウィーザード』(2012年・テレビ朝日)で主演。
『彼岸島』(2013年・毎日放送)で主演。
『私の嫌いな探偵』(2014年・テレビ朝日)
『花子とアン』(2014年・NHK連続テレビ小説)
『こえ恋』(2016年・テレビ東京)
『グッドモーニング・コール』(2016年・フジテレビ)で主演。
『真田丸』(2016年・NHK大河ドラマ)
『謎解きLIVE』シリーズ(NHKBSプレミアム)で主演。

映画では。
『制服サバイガールⅡ』(2008年)で俳優デビュー。
『ごくせんTHE MOVIE』(2009年)
『学校裏サイト』(2009年)
『大洗にも星はふるなり』(2009年)
『海の金魚』(2010年)
『GANTZ』(2011年)
『仮面ライダーシリーズ』で主演。
『シグナル~月曜日のルカ~』(2012年)
『ゆめのかよいじ』(2013年)
『鏡の中の笑顔たち』(2015年)で主演。
『ストレイジャー・クロニクル』(2015年)
『のぞきめ』(2016年)
『彼岸島デラックス』(2016年)で主演。
『東京喰種トーキョーグール』(2017年)

そして、2018年1月公開の映画『ポペイロの憂鬱』で主演を務めます。
スポンサーリンク

白石隼也の演技力は?

白石隼也さんは「もっと演技が上手くなりたい」と常に思っている俳優です。

演技の仕事が面白いと感じ始めたのは、映画『鏡の中の笑顔たち』で美容師の役を演じた頃でしょうか。

白石隼也さんは、いつも行っている美容室へ閉店後に行き、練習をさせてもらいました。

プロっぽい手さばきを習得するために何度もハサミで手を切りましたが、諦めずに努力を重ねたのです。

原作がある作品なら原作を全部読み、脚本を読み、キャラをイメージして何通りもの撮影のシュミレーションを考えて・・・。

その過程は白石隼也さんにとって心躍る時間です。

撮影を取り終えても帰り道に「あそこはこうしたら良かった」と振り返って次に繋げます。

自分の演技に満足せず、高みを目指すから、どんどんアイデアも浮かびます。

今の目標は「いい演技をすること」とキッパリ!

では、いい演技とは?

「シーンが生きて動くような、一緒に作品をつくっている人の期待を裏切り超えていくような演技」

と白石隼也さんは語っています。

「何をやるかわからない」「何を起こすかわからない」と思われるサプライズを秘めた役者、びっくりさせられる役者という大きな目標に向かって力走中です。

白石隼也の性格は?

白石隼也さんの休日の過ごし方が面白いです。

休日は、静岡か千葉か茨城など釣りができる関東近辺の海へ行き、一日中釣りをしているのが好きなようですよ。

初対面の釣り人とも意気投合し、一緒に釣りを楽しむ白石隼也さん。

イケメン俳優だけど気取っていない庶民的な性格なんですね。

Q印象に残っている映画は?
A相米慎二監督、薬師丸ひろ子さん主演の『セーラー服と機関銃』(1981年)

Q一日の中でホッとできる時間は?
A料理中。

ステーキや魚料理もつくるようなので、かなりの腕前でしょう。

芝居への取り組み方を見ても、いざという時には真剣に没頭できる性格のようですね。

休日の過ごし方を聞くと、ONとOFのメリハリができている気がします。

白石隼也の好きな女性のタイプは?

白石隼也さんは、ドラマで共演した女優と噂になったことがありますが、親しい仲間というだけで恋人ではありません。

Q好きな女性のタイプは?
A優しくて、にこやかに笑う人、怒る時はネチネチ怒らないでスカッと怒ってほしい。

Q理想のデートは?
A釣りができる海の近くの温泉、冬場なら、湖の氷を割ってワカサギ釣り。

どれだけ釣りが好きなんですか。

女性ファンの皆さんは参考になりましたでしょうか。

今のうちに釣りを覚えておくのも一つの手です。

白石隼也さんは、釣りに夢中になって携帯電話を海に落として絶望したことがあるそうですが、何とか立ち直れたようです。

まとめ

2018年公開の映画『ポペイロの憂鬱』は、白石隼也さんがサッカーチームのポペイロの役で主演です。

ポペイロとはポルトガル語で用具係です。

J3の弱小クラブに巻き起こる事件を解決しながら、選手と向き合うポペイロ。

全ての年代の人が楽しめる、スポ根要素のあるヒューマンコメディです。

ヒロインは水川あさみさんで、名優・佐野史郎さんも出演します。

白石隼也さんの今後の活躍が楽しみですね。