イケメン俳優勢揃いのヒーロー戦隊ものは子供よりも若い母親のほうがテレビに夢中になっていたりするかもしれませんね。

きょう紹介するのもヒーロー出身のイケメン俳優・多和田秀弥さん。

まだ若いのに芝居経験は豊富で、ビッグな夢を追いかけています。

そんな多和田秀弥さんの性格や演技力、彼女はいるの?

気になる情報をいろいろと紹介したいと思います。

ぜひ、ご覧ください!

スポンサーリンク

多和田秀弥さんのプロフィール

では、多和田秀弥さんの簡単なプロフィールを紹介しましょう。

  • 生年月日 1993年11月5日
  • 出身 大阪府
  • 身長・体重 185センチ、64キロ
  • 血液型 A型
  • 日本芸術高等学校卒業
  • 事務所 GVjp
  • 2010年に、FINEBOYS専属オーディションで特別賞を受賞。
    その後、トップコートの育成校で学び、トップコートに所属。
    2016年に現在の事務所GVjpに移籍しました。

    とにかくドラマに映画に舞台に大活躍で、出演作品全てを挙げきれないほど。
    まずはテレビドラマから。

    『手裏剣戦隊ニンニンジャー』(2015年・テレビ朝日)
    『不機嫌な果実』(2016年・テレビ朝日)
    『侠飯~おとこめし~』(2016年・テレビ東京)
    『女医・倉石祥子4』(2016年・フジテレビ)

    映画では、『手裏剣戦隊ニンニンジャー』シリーズで大活躍。

    2015年、2016年、2017年と3本に出演。
    そして、『ひだまりが聴こえる』(2017年)で主演。

    舞台も多数。
    『ミュージカル・テニスの王子様2ndシーズン』(2012-2014年)
    『新・幕末純情伝』(2015年)では土方歳三役。
    『ソラオの世界』(2016年)では主演。
    『熱海殺人事件 NEW GENERATION』(2017年)
    『何をするにも最高の天気』(2017年)
    ミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』(2017年)

    ほかにも、バラエティやめざましテレビ、リポーター、MV出演など幅広く活躍。

    マツコ・デラックスさんと共演した「レノア史上最強だぞ」のレノア本格消臭のCMといえばピンと来る人もいるでしょう。

    マツコ・デラックスさんの近過ぎに困っているイケメンが多和田秀弥さんです。

    多和田秀弥の演技力や性格は?

    多和田秀弥さんは、2017年6月24日から公開の映画『ひだまりが聴こえる』で主演を務めます。

    耳が聴こえないという難しい役で、自分の殻に閉じこもり、人付き合いを避け、孤独な青春を送っている大学生。

    実はこの役は、日頃の多和田秀弥さんとは正反対の性格なんです。

    「たわたわ」のニックネームで呼ばれる多和田秀弥さんは、とにかく明るい性格で、よく喋りまくります。

    『ニュースな芸能人』(日本テレビ)で、トレンディエンジェルのたかしさんと多和田秀弥さんが斎藤司さんの家にアポなし直撃取材。

    たかしさんだからドアを開けた斎藤さんは、テレビカメラと多和田秀弥さんの姿を見て無表情。

    すると多和田秀弥さんは、「そんな幸薄い顔してましたっけ?」

    先輩に対して、それも「薄い」はマズイでしょう。

    斎藤さんがギターを弾くと、いきなり踊りながら歌い出す多和田秀弥さん。

    本当に明る過ぎるくらいな性格なんです。

    斎藤さんの包丁裁きはプロの料理家が認める抜群の速さ。

    「負けてられない」と包丁を手にした多和田秀弥さんは、うまいのかと思ったら、「危ないからやめたほうがいい」と言われる始末。

    料理は得意ではなさそうですね。

    こんなノリノリの性格の多和田秀弥さんにとって、映画『ひだまりが聴こえる』でほとんどセリフがない役を演じるのは、本当に演技力が試されます。

    演技力といえば、『不機嫌な果実』の多和田秀弥さんの演技が結構好評なんです。

    何しろ『手裏剣戦隊ニンニンジャー』でスターニンジャーという正義のヒーローを演じた多和田秀弥さん。

    いずれ恋愛モノはやりたいと思っていたようですが、純愛も青春物語も全部すっとばして、いきなり夫がいる女性との禁断の恋!

    しかも相手は橋本マナミさん。

    さらにさらに、クランクインがいきなりバスルームで橋本マナミさんと一糸まとわぬ姿でシャワーを浴びるシーン。
    そこから撮影が始まるってハードル高いですね。

    主婦の遠山玲子(橋本マナミ)とスポーツクラブのインストラクター・山岸亮介(多和田秀弥)の危険な関係。

    初のキスシーンもあり、『テニスの王子様』や『ニンニンジャー』とのギャップにファンも驚き。

    ファンから「別人みたい」と言われたようですが、それは俳優冥利に尽きる褒め言葉ですね。

    同じような役しかやらないより、振り幅が大きいほうがいいと思います。

    多和田秀弥さんは、「もっと上手くなりたい!」と強く思っているので、その気持ちが演技力向上の一番の力になりますね。

    多和田秀弥は彼女いるの?

    イケメンでしかも185センチの長身ならきっと女性ファンが多いでしょう。

    女性ファンなら気になるのは、彼女がいるのかいないのか。
    実際、多和田秀弥さんの熱愛の噂はほとんどありませんね。

    一度、ニンニンジャーで共演した女優との噂があったらしいですが、ただ共演しただけというよくあるパターン。
    ネットだけの噂は信憑性に欠けますからね。

    信憑性のある噂なら、各誌各局の芸能デスクが動いていますから、そこが真偽を見分けるポイントかも。

    ただ、熱愛の噂がないから彼女がいないとは言い切れません。
    芸能界にデビューする前に彼女がいたとしたら、そこはわからないですからね。

    これからさらに有名になって大ブレイクしたら、注目度が上がるので、そうなると隠しきれなくなると思いますが。
    でもあまり、トークの中にも「好きな女性のタイプ」などを語るところを見たことがないし。

    ほとんど仕事の話で、芝居に懸ける情熱は相当なもの。
    これから打って出ていく時期ですし、恋愛よりも今は仕事が恋人?
    スポンサーリンク

    多和田秀弥の特技はダンス! 大きな夢とは?

    多和田秀弥さんの特技はダンスです。
    『手裏剣戦隊ニンニンジャー』でもダンスを披露していますが、ダンスポイントは、恥ずかしがらずに大きく動くことらしいです。

    あと、みんなで合わせなくてもいい箇所では、自分の個性を出して人と違う動きをするなど工夫もOKと。
    とにかくダンスが大好きなようですね。

    多和田秀弥さんは、俳優としての目標は、「朝ドラに出たい」とキッパリ。

    確かに朝ドラの視聴率は高いですから、脇役でも吉岡里帆さんやディーン・フジオカさんのようにブレイクする可能性大。

    ヒロインの芳根京子さんも、『べっぴんさん』終了後、すぐに『小さな巨人』でヒロイン。

    『ぴったんこカンカン』や『A-Studio』などバラエティにも引っ張りだこ。

    多和田秀弥さんも「朝の顔」に相応しく爽やかだし、朝ドラの準主演も夢ではないでしょう。

    そして、俳優を続けていく決意は変わらないのですが、ダンスと歌も真剣に取り組んでいるんです。

    ミュージカルを経験しているので、大舞台でのパフォーマンスの最高の気持ち良さが忘れられない多和田秀弥さん。

    パフォーマンスか、歌か、どんな形でもいいから、「東京ドームに立ちたい!」というビッグな夢があるんです。

    多和田秀弥さんは熱く語っています。

    自分にはできないと思ってしまうと、何もできないと思うので、自分にはできる、自分はこうしたいっていう想いをまず強く持つこと。努力した分だけ絶対返ってくる!

    やはり本人に聞いてみないと、その人がどういうものを目指しているかわからないものですね。

    夢は大きければ大きいほどいいと思います。

    夢を売る世界に飛び込んだんですから。

    まとめ

    2017年5月17日、映画『ひだまりが聴こえる』の上映に先立ち、メイキングDVD『君の声が届く時』が発売されます。

    着々と飛躍の時を迎えている予感がしますね。

    多和田秀弥さんはスイーツが大好きなスイーツ男子。

    めざましテレビの食リポで4104円メロンショートケーキを食べて、「美味しい」と感嘆し、食感などもうまくリポート。

    作るより食べるほうが得意のようです。

    家族も全員多和田秀弥さんの芸能活動を応援しているみたいだし、今後の大活躍に期待しましょう。