2016年の暮れはSMAP解散騒動で、世代を超えたファンが、それぞれ異なる思いを抱いていることがわかりましたね。

「本人たちの口から真相を語ってほしい」というファンもいれば、「あのメッセージだけで十分」という意見も。

2017年、すでにドラマや司会で新しいスタートを切っている5人。
これからが大事だと思います。

そしてここにも、子供の頃からSMAPを応援していた熱烈な大ファンがいます。
シンガーソングライターの岸洋佑さんです。

知らないという人もいると思いますので、岸洋佑さんのプロフィールや詩的な言葉を贈りましょう。

大学や彼女は?

ぜひ、ご覧ください!
スポンサーリンク

岸洋佑さんのプロフィール

では始めに、岸洋佑(きし・ようすけ)さんのプロフィールを簡単に紹介しましょう。
生年月日:1993年7月2日
出身:神奈川県横浜市
身長:182センチ
体重:64キロ
職業:歌手、俳優
好きなもの:焼肉、ゲーム、歌ものまね、野球、バスケ

岸洋佑さんの芸能界デビューのきっかけは、2010年、LDH主催のオーディションです。
「VOCAL BATTLE AUDITIONZ」で3万人の応募者の中から見事ファイナリストに。

2011年、作詞・作曲家のマシコタツロウさんのプロデュースで音楽活動を開始。
2014年にLDHを辞め、今の株式会社要堂に所属。

社長と意気投合し、岸洋佑さんは「最高の環境」とツイッターで語っていますね。

2015年11月23日にミニアルバム『YOU』をリリース。
2016年7月2日、自身の誕生日にシングル『夏、キミ。/笑って』をリリース。

ライブも活発で、観客がみんな「YOUSUKE KISHI」というタオルを振り回しているところから、熱心なファンが多いことがわかりますね。

『笑って』のようなスローテンポな曲ではギターを弾きながら歌ったり。
『スナイパー』や『女神サマー』のようなアップテンポの曲では会場一体で大盛り上がり。

アメブロでブログを書いていますが、さすがシンガーソングライターだけあって、どこか詩的なんです。

SMAPという存在が無くなるという非現実に初めて「~ロス」という言葉を使いたくなったという岸洋佑さん。

「小学校の頃、妹と一緒にTVの前で世界に一つだけの花のダンス、必死に練習したっけなあ・・・」

妹さんがいるんですね。

「いま多くの人が感じている喪失感や虚無感とかを、脳が少しでも早く美化してくれたらいいなあ・・・」

岸洋佑の俳優としての演技力は?

2017年2月12日(日)あさ7時30分からテレビ朝日で、『宇宙戦隊キュウレンジャー』がスタートします。

今回の物語の舞台は宇宙なので、壮大なストーリーになりそうな予感。
岸洋佑さんが演じるのは、銀河最強の戦士・サソリオレンジ/スティンガー。

サソリ座系の出身で、いろいろと謎に包まれた宇宙人。
サソリですから、やはり毒針が武器です。

岸洋佑さんは、ブログで出演の意気込みを語っています。

宇宙戦隊キュウレンジャー サソリオレンジ/スティンガー役で1年間出演させていただきます! テレビドラマ初出演がこうしてヒーロー戦隊41作目ということで、非常に嬉しく、そして責任を感じております

岸洋佑さんは、連ドラは初めてですが、芝居経験はあります。
『痛快TVスカッとジャパン』(フジテレビ)のミニドラマに出演。

舞台も経験していて、劇団EXILEの公演に出ています。
ライブの経験も人前に出る度胸としては間違いなくプラスに働くでしょう。

野球やバスケットボールなどスポーツもやって来たのでアクションのほうもバッチリ。
身長182センチの長身が機敏に動くと迫力ありそうですね。

そしてイケメン。
日曜の朝は、夫婦喧嘩のもとになるので、うっとり眼は要注意です。
スポンサーリンク

岸洋佑の出身大学は?彼女はいるの?

出身大学は公表されていませんが、明治学院大学というのが有力。
でも、出身大学を公表しない理由がないような気もするので、実際のところはわかりません。

それより女性ファンは彼女の有無が気になるところでしょう。

ブログでは、「2017年は宇宙戦隊キュウレンジャーに全てを捧げる覚悟です」と語っていますが。
もう少しブログを読んでみると、2016年のクリスマスのことが書いてありましたね。

イブイブでは、早くクリスマスが終わってほしいとボヤキが。

そして12月25日のクリスマスは、宇宙戦隊キュウレンジャーで共演する榊原徹士さんと二人で大桟橋を歩いていました。
周りは熱熱カップルだらけで、「圧」を感じたようです。

煙幕かもしれませんが、素直に受け止めるならば、彼女はいなそうですね。

あ、そういえばライブのバンドでキーボード担当は若い女性でした。
岸洋佑さんはモテると思うので、女性ファンは心配でしょう。

ともかく連ドラ出演で、女性ファンが増えることは約束されたも同然。

『宇宙戦隊キュウレンジャー』で知名度が上がれば、シンガーソングライターとしてもプラスですね。
岸洋佑さんは、2017年は年男!

決しておごらず、謙虚に、かつ積極的に1年間を無事に駆け抜けることが出来れば、再来年の2018年の風景も変わると信じて・・・

さすが作詞家、いちいち詩的でいいですね。

まとめ

血液型も非公開で、B型という情報もありますが、これもわかりません。
何でも知りたがるのがファン心理ですが、どこまで公表するかを決めるのは本人なので、尊重したいと思います。

ダイエット中のようですが、これはサソリオレンジの役づくりのためでしょう。
デブリンな戦隊ヒーローというのは、あまりいませんからね。

少年少女の夢と、その母親の夢を壊せないヒーロー役は大変です。
いや、今は仮面ライダーも戦隊シリーズも独身が観ているほど人気ですから、1年間出演することにより注目度は高まります。

岸洋佑さんにとって、大いなるチャンスの年ですね。