芸能界だけは人材難にはほど遠く、毎年次々に新しい新星が男女ともに躍り出て来ますね。

どんな時代でも、少年少女の芸能界への憧れだけは変わらないようです。

きょうは、第28回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでグランプリに輝いた飯島寛騎さんについて、詳しく書いていきたいと思います。

ツイッターも非公開でかなり情報が少ない飯島寛騎さんですが、何とか調べてきましたよ。

ファンが気になる身長、体重、大学、そして性格や彼女はいるのか?

あと仮面ライダーエグゼイドについての最新情報も紹介しましょう。

ぜひ、ご覧ください!
スポンサーリンク

飯島寛騎のプロフィール

飯島寛騎
それでは飯島寛騎さんのプロフィールを簡潔に紹介しましょう。
生年月日:1996年8月16日(20歳)
身長:178cm
出身:北海道
血液型:B型
趣味:ドライブ、スノーボード、猫好き
スポーツ歴:水泳、バスケットボール、陸上、バレーボール
所属事務所:オスカープロモーション

飯島寛騎さんのプロフィールで、身長が175センチとなっているのが多いのですが、オスカープロモーションの公式プロフィールでは、178センチとなっていますね。
ジュノン・スーパーボーイ・コンテストの時は19歳ですから、そのあと身長が伸びてもおかしくない年齢です。

ちなみに体重は57キロで、足のサイズは27センチと大きいほう。
足の大きい人は長身になる率が高いですからね。

札幌白石高等学校を卒業後、現在は北海道の大学に通い、バレーボールのサークルに所属。

大学1年、19歳の時、アパレル店でアルバイトをして、実はこの店でモデルもやっていたんです。

そして2015年、第28回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストに挑みます。

この大会は、女性向け雑誌「JUNON」が主催する美男コンテスト。
今までも、小池徹平平岡佑太中村蒼山本裕典溝端淳平三浦翔平佐野岳さんなど、多くのスターを誕生させました。

コンテストのキャッチフレーズは、「あなたの隣のすてきな男の子、推薦してください」
こんなキャッチフレーズを聞いたら、よっぽど自信がないと出られないでしょう、普通。

条件は、芸能事務所などに所属していない12歳~22歳の「爽やかなハンサムボーイ」

読者審査があるということは、雑誌に顔写真とプロフィールが載って、選ばれるんでしょうね。

そして、13,948人の中から最終選考会に残った12名が、本番のステージで勝負。
容姿、ファッションセンス、個性、タレント性、将来性という5つの審査基準でグランプリが選出されます。

ただ「グランプリ取った」とだけ伝えてしまうと、「あ、そうなんだ」で終わってしまうかもしれませんが、経過を見ると厳しい競争だったことがわかりますね。

飯島寛騎さんは、パフォーマンス審査では、よさこい踊りとボイスパーカッションを披露。
その完成度とレベルの高さに審査員も注目。

ゲスト審査員の新川優愛さんは「ギャップがあったので女子として弱い子も多かったんじゃないかな」とコメント。

二次審査では、告白パフォーマンスという、いかにも美男コンテストらしいものがあるんですね。

夜の遊園地でデートをしているという設定で、センスや胸キュン度を問われる過酷?な審査。

飯島寛騎さんは、新川優愛さんを相手に南京錠という小道具を取り出し、囁きます。

恋人同士がつけたら幸せになるおまじないらしいよ

照れが許されない厳しいステージ。
度胸満点なのは芸能界で生きていくためには必須でしょう。

グランプリ発表で、エントリーナンバー5番の飯島寛騎さんの名前が呼ばれた時は、受かると思っていなかったらしく、驚きの表情。

いやあ、なにも言えない」が第一声。

あれ、北島康介選手?

少し時間が経ち、記者会見の席でインタビューに答えた飯島寛騎さん。

審査員の山本裕典さんから「180度人生が変わるよ」と言われたので、飯島寛騎さんは「360度変えてみせます

山本裕典さんが「それじゃ戻っちゃう」とツッコミ、「じゃあ、180度で」と言い直す飯島寛騎さん。

360度といえばガッツ石松さん・・・もしかして天然?

どんな芸能生活を送りたいかという質問には。

面白いマルチなタレントになれたらいいなと思います

目標とする人は?

すかさず「山本裕典さん

もしかして世渡り上手?

そして早速、ドラマ『仮面ライダーエグゼイド』の主演という大きな仕事が舞い込んで来ましたね。
スポンサーリンク

飯島寛騎の仮面ライダーエグゼイドに注目

飯島寛騎さんのブログ『努努~ゆめゆめ~』で、仮面ライダー主演の喜びを語っていますね。

憧れだった仮面ライダーを出来るということで、今は凄く嬉しい気持ちとプレッシャーと半々です

何しろ仮面ライダーは1年間の連ドラですから、いろいろな意味で責任の重圧は大変なものでしょう。

朝ドラや大河ドラマや仮面ライダーに出演する人は怪我も病気もできないので、その役者としての緊張感は察しますね。

『仮面ライダーエグゼイド』も、いよいよ放送開始の10月2日が近づいてきたので、予告編も解禁。
飯島寛騎さんが演じる主人公の宝生永夢(ほうじょう・えむ)は、心優しき研修医で、結構三枚目。

でもゲームをやると人が変わり、ゲーマーとしての違う一面を持っているんです。

そして仮面ライダーエグゼイドに変身・・・と思ったら、いきなりかわいいゆるキャラみたいのが登場して。

「え、これが今回の仮面ライダー!?」とがっかりしてはいけません。

レベルアップするとカッコイイ仮面ライダーエグゼイドに変身!

芝居経験がなく、この『仮面ライダーエグゼイド』が俳優デビューの飯島寛騎さん。

どんな演技を見せてくれるか、楽しみですね。

飯島寛騎の性格や大学は?

性格は結構明るく、ひょうきんといってもいいくらいな感じですね。
イケメンでも気取ってカッコつけるようなタイプではないようですよ。

ファンとしては、飯島寛騎さんがどこの大学か知りたいところだと思いますが、さすがに公表はしませんね。

飯島寛騎さんのツイッターで、大谷大学の学生のフォロワーが多いということから、札幌大谷大学ではないかという推理がネット上で語られています。

でもこれから『仮面ライダーエグゼイド』の撮影もあるし、学業との両立はなかなか大変でしょう。

飯島寛騎に彼女はいるのか?

基本、飯島寛騎さんは女性ファンが圧倒的に多いと思いますが、異性のファンにとっての最大の関心事は恋人の有無。
彼女は、できればいないでほしいというのが女性ファンの本音でしょう。

安心してください、多分いませんよ。

どこを探しても噂すらありませんね。
今は目の前の『仮面ライダーエグゼイド』に全力で取り組むことが、俳優として全てに最優先されることだと思います。

オスカープロモーションは、一人前になるまでは恋愛御法度の厳しい事務所だと聞いています。

上戸彩さんが20代になってから言っていましたが、10代の時は絶対に恋愛NGだったと。

でも事務所が厳しいほうが、結果的にタレントを守ることになると思いますね。

今年に入ってからの一連の芸能ニュースを見ても、やはり規則が緩いと自由に遊び過ぎてマイナス面が大きいですから。

まとめ

飯島寛騎さんは、ブログは始めたばかりで3記事しか書いていないし、ツイッターは非公開だし。

情報は少ないですが、これからバラエティや朝の番組などに出演して、本人の口からいろいろなことが聞ける日も近いでしょう。

スター性は光るものがあるし、今後が楽しみな俳優が誕生しましたね。

『仮面ライダーエグゼイド』の1年後の終了を待つことなく、どんどん世に出て来るんじゃないでしょうか。