国内外で、連日のようにいろいろなニュースが飛び込んで来ます。
「何で?」「意味がわからない」と耳も目も疑うような内容もありますね。

まさに何が起きてもおかしくないような状況です。

日本の映画も、実在の事件をヒントにして描き、物議を醸してきた歴史があります。

2017年夏に公開される映画『22年目の告白―私が殺人犯です―』も、実在の事件を題材にして制作された韓国映画を、日本流にアレンジした作品です。

監督は、入江悠さん。
主演は藤原竜也さんと伊藤英明さん。

日本を代表する名優の二人が、初共演にしてW主演!

ここでは、キャストとあらすじ、そして見どころを紹介していきましょう。

ぜひ、ご覧ください!
スポンサーリンク

22年目の告白 映画のあらすじは?

それでは、まずは映画のあらすじを見ていくことにしましょう。

1995年。
背後から絞殺し、その瞬間を被害者と親しい人に見せつけるという卑劣な犯行が発生。
犯人は目撃者を生かし、マスコミに犯行の様子を証言させるという残酷で理解しがたいことをします。
しかも連続して5件。
5人の尊い人命が犠牲になりました。

日本中が戦慄する連続事件に、警察も必死に捜査。
刑事の牧村航は、犯人を逮捕寸前まで追い詰めますが、犯人の狡猾な罠にはまってしまいます。
そして、無念にも敬愛する上司を死なせることに・・・。

そのまま犯人は姿を消し、ついに事件は未解決のまま、時効を迎えてしまうのです。
悲痛な表情でその瞬間を受け入れきれない牧村航刑事。

それから22年。
曽根崎雅人という人物が、本を出版。
何と、あの1995年に発生した5件の連続事件の詳細を描いた手記です。
そして、「あの事件の犯人は自分だ」と言うのです。

曽根崎雅人は、出版記念の記者会見にも堂々と現れました。
マスコミ各社も大勢集まり、まさに注目の的になる曽根崎雅人。

時効が過ぎて罪に問えないとはいえ、世間の怒りは尋常ではなくネット上でも大騒ぎ。
しかし、曽根崎雅人が、あまりにも美男なため、脚光を浴びてしまいます。

マスコミが祭り上げ、凶悪犯がアイドルスターのような「時の人」になってしまうことは、現実に起こり得ることです。
いや、過去にも実際にそういうことがありました。

凶悪犯罪者なのにアイドルスターのように人気が上がり、心ある善良な庶民はますます憤りを覚えます。
ましてや遺族の怒り悲しみは、想像を絶するでしょう。

「法で裁けないならば自分の手で・・・」と、そんな危ない心境になっても不思議ではありません。

かつて、無念な思いで時効を迎えた刑事・牧村航は、本当に曽根崎雅人が真犯人かを探ります。

警察も、遺族も、世間も、考えるのです。
本当にこの犯人に、手を出せないのか!?

そして、もう一つ、どうしても消えない疑惑が・・・。

本当に、この男が、真犯人なのか!?

曽根崎雅人の出現が、新たな事件を巻き起こすのです。

22年目の告白 キャストを紹介

22年目の告白
今のところ発表されているキャストは、主演の二人だけです。

曽根崎雅人/藤原竜也

1995年に連続して起きた凶悪事件の犯人が、自分であると名乗り、手記を出版した男。
美しい顔を持った犯人に、憎悪と脚光が浴びせられます。

主演の藤原竜也さんは、重要な役を演じる意気込みを語っています。

今回、また監督とご一緒できること、こういう大作感ある映画に参加できることは、大変意味深いことですし、僕も集中して全編通して入り込まなければいけない作品だと痛感しております

入江悠監督作品と言えば『ブルータスの心臓』(2011年・フジテレビ)に、藤原竜也さんは出演していますね。

藤原竜也さんは、今までも『デスノート』(2006年)や『藁の楯』(2013年)で、凶悪犯を演じています。

危ない役も得意な演技派。
今回は、単なる凶悪犯と違い、謎に包まれた人物の役です。

牧村航/伊藤英明

1995年当時、連続凶悪事件の犯人を追っていた刑事。

22年目にして、あの事件の犯人と名乗る人物が現れて驚きを隠せませんが、そこは刑事。
冷静に真相を究明します。

主演の伊藤英明さんもやる気漲るコメント。

初めて入江監督の作品に携わる興奮と喜びを感じつつ、アクション等細かいところにもこだわり、一つ一つのシーンに力と情熱を注いで演じたい

頭脳戦の映画のようで、実はアクションシーンもあるんですね。
楽しみです。
スポンサーリンク

22年目の告白 映画の見どころはここ!

では、映画の見どころを見ていきましょう。
『ST 赤と白の捜査ファイル』(2015年)『僕だけがいない街』(2016年)の藤原竜也さん。

『海猿』(2004年~2012年)『テラフォーマーズ』(2016年)の伊藤英明さん。

常に映画で主演を張ってきた両雄が、刑事と犯人で衝撃の激突!
この二人の名前を聞き、心が躍ったのは私だけではないでしょう。

この映画『22年目の告白』のベースになっている韓国映画が、ストーリーのヒントになりますね。

ただ、外国映画の場合、痛快過ぎる勧善懲悪が主流。
こういう悪い人間は、コテンパンに痛めつけていいとばかり、これでもかという残酷な葬り方。

悪が栄えた試しはない、めでたしめでたし・・・というわけには行かないのが日本映画。

今回、ベースとなる韓国映画を、入江監督が、日本の社会性、現代の諸問題などと照らし合わせながら、独自の目線で脚色したわけです。

ですから、当然、ストーリーを踏襲しているとは思えないし、リメイクとは違いますね。

予測できる展開としては、時効になっても黙っていないのが遺族です。
遺族の復讐劇こそ、新たな事件なのではないかと考えます。

何しろ5件の犯行ですから、何十人という怒りに燃える関係者がいるわけです。
そして、牧村航は、警察官として、たとえ曽根崎雅人が、自分の上司を葬った憎き犯人だとしても、守る責務があります。

この複雑な人間模様。

最大の見どころは、本当に曽根崎雅人が、真犯人なのかという疑念。
そして、何のためにこの手記を出版したのか?

もしかしたら、遺族ではなくても、正義感にかられた人々から命を狙われるかもしれません。

今の時代なら、それくらいは十分に察知できるはずです。

自分の命を危険に晒してまで手記を出版した本当の目的は何なのか?

もしも曽根崎雅人が真犯人ではなかった場合、別に犯人がいるわけで。
こうなると、真犯人こそ、第3の重要人物。

どんな展開が待っているのでしょうか。
ほかのキャストと新情報が待たれますね。

時効もテーマの一つでしょう。

時効は、前は15年でしたが、死刑になるような犯罪は2005年1月1日から25年に延長されました。
そもそも時効など必要ないという意見は根強いものがありました。

当然のことだと思います。

ただ、年月が経ち過ぎて捜査が困難になると、冤罪を生む危険性も出てきます。
冤罪も絶対にあってはならないことです。
冤罪の人を死刑執行したら取り返しがつきません。

今は、DNA鑑定など、科学捜査が進化したこともあり、再び時効不要説が浮上。

また、やはり多くの人の人生を破壊した人間が、時効だから無罪放免というのは納得できないという強い世論があります。
相当な議論があったと思いますが、2010年、ついに死刑になるような犯罪に関しては、時効が完全に撤廃されました。

時効が撤廃されたことにより、今後は映画やドラマも変わっていくのでしょう。

本作『22年目の告白』の中で、時効に関して、どのような表現があるかも興味ありますね。

登場人物のセリフを聞き逃せません。

それにしても、凶悪犯罪だけは、なくなってほしいと切に願います。

まとめ

この映画『22年目の告白』で、エキストラを募集していました。

長野県では、警官や鑑識のエキストラを。
愛知県では、旅行客のエキストラ。

これでロケ地が二つわかりましたね。

撮影はもう終わったようですが、鑑識が大勢ということは、そこが遺体現場か何かでしょう。

長野と愛知が現場となると、かなり広範囲ですね。

どんな映画になるか全く予測不能。

読めないということは、面白いということです。