ルール無視の暴走が止まらない『刑事ゆがみ』(フジテレビ木曜劇場10時)

詐欺同然の騙まし討ちで自殺に追い込まれた父の復讐をした11歳の娘。

被害者は鷹派の大金持ち貝取勝平(新田真剣佑)、加害者は光希(新井美羽)

ナイフで刺されたが命に別状はない貝取は、光希が犯罪者だとネットで動画公開。

警察官は被害者の側に立つべき存在ですが、迷わず加害者の光希の味方をする刑事ゆがみ(浅野忠信)

ハッカーのヒズミ(山本美月)に頼み、貝取の違法を暴き、罪名を貝取のHPに貼り付けた上SNSで大拡散!

大炎上で失脚必至の貝取ですが、バレたら懲戒免職ものの刑事ゆがみ。

何でもアリの暴走が止まりません。

そして、2018年1月からの木曜劇場は『隣の家族は青く見える』を放送します。

ここでは、ドラマのキャストとあらすじ、見どころを紹介しましょう。

ぜひ、ご覧ください!
スポンサーリンク

隣の家族は青く見える ドラマのあらすじは?

隣の芝生は青く見える。

隣の奥さんはキレイに見える。

自分よりも他人のほうが幸せに見えてしまうのは人情なのでしょうか。

35歳の五十嵐奈々は、スキューバダイビングのインストラクターをしている活発な主婦。

夫は少し年下で32歳の大器。

大器は、中堅玩具メーカーに勤務しています。

幸せな結婚生活を送りながら、マイホームのために貯金をする日々。

しかし、二人は子宝に恵まれず、妊活に頑張っていました。

あるきっかけから、大器と奈々は、コーポラティブハウスで暮らすことになります。

コーポラティブハウスとは、入居希望者が組合を結成し、事業主となって家のデザインをはじめ建設行為の全てを行う集合住宅です。

このハウスには、大器と奈々のほかに3組のカップルがいました。

子供を生まないという人生の選択をした川村亮司と杉崎ちひろ。

理想の家族像を夢見る主婦と失業中の夫。

そして同性カップル。

コーポラティブハウスは、それぞれのプライバシーを保つのが難しく、どうしても近しい関係になります。

メリットもあるけどデメリットも多い共同生活。

各カップルとも無いものねだりで、ほかのカップルが幸せそうで羨ましく感じます。

大器の母・聡子は「孫の顔が見たい」と。

これは妊活中の夫婦にはきつい言葉。

ほかのカップルも様々な悩みや事情を抱え、距離が近い分、奈々と大器も自然に巻き込まれていきます。

結婚披露宴の準備をしていた川村亮司と杉崎ちひろですが、亮司の元妻の家族から連絡が入り、大変なことに!?

これが正解というものは存在しない人生の選択。

人と関わりたくない現代人が、思い切り他人と関わり大騒動。

「妊活」や「理想の家族のカタチとは?」という今日的なテーマ満載のヒューマンストーリーです。
スポンサーリンク

隣の家族は青く見える キャストを紹介

では、ドラマのキャストを紹介しましょう。

五十嵐奈々/深田恭子

スキューバダイビングのインストラクターをしている35歳の活発な主婦。

どうしても子供が欲しいと妊活に挑戦中です。

奈々の実家が起こす騒動に巻き込まれます。

主演の深田恭子さんは、脚本を読んだ感想を語っています。

「オリジナルストーリーである本作の台本を読ませていただいて、家族同士であっても一見しただけでは分からない様々な思いが渦巻いていて、それがどのように絡み合っていくのか、私自身とても楽しみにしています」

五十嵐大器/松山ケンイチ

奈々の夫で、中堅玩具メーカーに勤務する32歳。

優しい性格ですが、少し頼りないところもあります。

主演の松山ケンイチさんは、意気込みを語っています。

「ドラマだから物語や人物像が都合よく描かれるということでは今回の題材を描く意味がないと思うので、スタッフ・キャスト全員で深めていければと思います」

川村亮司/平山浩行

仕事はできるがややチャラいスタイリスト。

40歳でバツイチの亮司は、26歳の彼女と年の差婚。

子供をつくらないことが結婚する条件です。

杉崎ちひろ/高橋メアリージュン

子供を生まない選択をした26歳のネイリスト。

片岡/伊藤かずえ

大器と奈々が通うクリニックの医師。

なかなか予約が取れないほどの婦人科医。

ハッキリものを言うが親身で温かく患者に寄り添う優しい性格。

五十嵐聡子/高畑淳子

竹を割ったような性格の大器の母。

夫の健作と一緒に焼き鳥店を営む。

息子夫婦に早く子供が生まれることを願う。


深田恭子さんと松山ケンイチさんは、NHK大河ドラマ『平清盛』(2012年)以来の夫婦役です。

隣の家族は青く見える ドラマの見どころは?

では、ドラマの見どころを見ていきましょう。

コーポラティブハウスという独特の空間が舞台だからこそ、スリリングな展開が予想できて面白い予感がします。

脚本は中谷まゆみさんで原作なしのオリジナルストーリーです。

妊活や同性愛、子供を生まない選択肢など、今日的なテーマが満載なのも見どころの一つですね。

プライバシーがガラス張りの共同生活だけに、お互いの秘密が徐々に明かされていきます。

それぞれに人生観、結婚観があり、生き方に正解がないことを痛感します。

『下剋上受験』では中学受験に奮闘する娘を応援する母。

『ハロー張りネズミ』ではミステリアスな美女。

どんな役でも魅力をいかんなく発揮する深田恭子さんは、今作では活発な性格の主婦。

水泳が得意でサーフィンもする深田恭子さんですが、スキューバダイビングをするシーンがあるのかどうか楽しみですね。

映画『関ヶ原』では直江兼続を熱演した松山ケンイチさん。

『A LIFE~愛しき人~』では、看護師の由紀(木村文乃)にゾッコンLOVEのちょっと頼りない井川颯太医師。

今作もちょっと頼りない役なので、井川颯太医師に近い性格かもしれません。

『名もなき毒』で深田恭子さんと共演した伊藤かずえさんは、行列ができるクリニックの敏腕医師。

妊活に頑張る奈々を応援する重要役です。

『ブラックリベンジ』で悪徳編集長(佐藤二朗)と戦う役を熱演する平山浩行さんは、今作では180度性格が違うチャラい役?

『コウノドリ2』では産後うつで苦悩する難役を演じた高橋メアリージュンさん。

高橋メアリージュンさん演じる杉崎ちひろの独特の結婚観は、ドラマの大事な軸になるでしょう。

『黒革の手帖』では看護師長を演じた高畑淳子さん。

今作ではシャキシャキした性格で、騒動を巻き起こす側。

パワフルな役が似合う高畑淳子さんの本領発揮が見られるでしょうか。

『ナオミとカナコ』での中国人役はネットでも話題になったほど。

あのような暴走パワーに期待です。

大切な人と思いが繋がることの難しさ。

新しい家族や恋人のカタチ。

これは、あなたと、そしてあなたの隣の方々の物語です。

まとめ

中野利幸プロデューサーが明かした制作秘話。

今作『隣の家族は青く見える』は、最初に深田恭子さんの主演が決まっていました。

脚本は始めから深田恭子さんを意識して書かれたもので、五十嵐奈々は適役も何も、深田恭子さんそのもの。

何歳になっても輝きを増していく深田恭子さんの魅力を思う存分に描くドラマだけに、深キョンの演技が最大の見どころかもしれませんね。