テレビ朝日で木曜よる9時から放送の『ドクターX』は初回から視聴率20%超えのロケットスタート!

大門未知子(米倉涼子)の「いたしません」「私、失敗しないので」はまさに水戸黄門のもんどころ級の名ゼリフです。

外科医の伊東亮治(野村周平)の母・不二子(中田喜子)が病院に持ってきた菓子折り。

こういう場合お菓子の底に札束がある可能性があるので受け取ろうとする海老名外科医(遠藤憲一)

しかし、不二子が血を吐いて倒れ、お菓子の下の大金が床に散乱。

海老名は白衣で札束を隠してから「ストレッチャー」と叫びましたが、医師として順番が逆では? この最低ぶりが本当に笑えます。

そして、『ドクターX』のあとの木曜ドラマは、2018年1月からスタートする『BG~身辺警護人~

ここでは、ドラマのキャストとあらすじ、見どころを紹介します。

ぜひ、ご覧ください!
スポンサーリンク

BG~身辺警護人~ ドラマのあらすじは?

ボディーガードの仕事は、何も起きないことに越したことはありません。

しかし、いざという時は自分の体を楯にして警護対象者を守ります。

島崎章(しまざき・あきら)は、優秀なボディーガードでしたが、ある出来事がきっかけで警護の世界から退きました。

日々のニュースを見ると、どれだけ気をつけていても防ぎきれないと感じる事故や事件があります。

ある時、民間警備会社が身辺警護部門を新設し、島崎章はボディーガードの仕事に復帰することになりました。

島崎章は、ボディーガードという仕事に、もともと誇りと使命感を抱いていました。

そんな島崎章が、一度はこの仕事を辞めようと思った過去の出来事とは何なのか。

ボディーガードに復帰した島崎章の前に立ちはだかるのは、警護対象者を狙う犯人だけではありません。

民間警備会社のボディーガードを素人扱いし、邪魔者と感じている警察官やSP(セキュリティー・ポリス)とのぶつかい合いもあります。

SPは警察官なので拳銃を携帯できますが、島崎章は民間人なので拳銃を持つことは許されず、いつでも丸腰です。

体一つで対象者を守る島崎章は、鍛え抜かれた肉体と抜群の身体能力が武器。

一般庶民とは無縁と思われるボディーガードの日常や心理を描く濃密な人間ドラマです。

BG~身辺警護人~ キャストを紹介

現在発表されているキャストは、主演だけです。

島崎章/木村拓哉

民間警備会社に勤めるボディーガード。

ある出来事をきっかけに、ボディーガードの世界から遠ざかりますが、復帰します。

民間会社ゆえに拳銃を携帯できないボディーガードは、まさに肉体が武器。

丸腰で対象者を守り抜きます。

主演の木村拓哉さんは、脚本の井上由美子さんを讃嘆。

「脚本の井上由美子さんとは『エンジン』(2005年・フジテレビ)以来、13年ぶりにご一緒しますが、13年という年月を感じないくらい身近な存在。井上さんほど本を作っていく過程で柔軟な方はいないんじゃないかと思う。女性目線で描く男性の心理もとても興味深い」

豪華共演陣近日発表!
スポンサーリンク

BG~身辺警護人~ ドラマの見どころは?

では、ドラマの見どころを見ていきましょう。

木村拓哉さんは職業柄、ボディーガードと接する機会が多いです。

ほとんど何も起きることなく「ではこれで失礼します」と別れますが、ボディーガードがいることの安心感を肌で感じています。

ドラマでは、さすがに何も起きなければストーリーは成り立ちません。

もちろん毎回何かが起きます。

木村拓哉さんが演じる島崎章は拳銃を持てない丸腰のボディーガード。

そのため、体を張った警護や犯人との格闘シーンなど、アクションに期待できますね。

そして、警察とのせめぎ合いも見どころの一つです。

警備員が主役のドラマは結構ありますが、ボディーガードが主役のドラマはそれほど多くありません。

長渕剛さん主演の『ボディーガード』(1997年・テレビ朝日)は空手の達人のボディーガード。

ボディーガードといえば、やはりすぐに浮かぶ作品は、大ヒット映画『ボディーガード』(1992年)でしょう。

ホイットニー・ヒューストンを警護するケビン・コスナー。

クライマックスでケビン・コスナーが、ステージ上のホイットニー・ヒューストンを体を張って守るシーンが感動的でした。

今作『BG~身辺警護人~』はボディーガードの日常や心理も描かれます。

一般市民には縁遠いボディーガードだけに興味深いですね。

常に命懸けの仕事で守るのは赤の他人です。

どういう心境で警護をするのでしょうか。

川島誠史プロデューサーは、木村拓哉さんの真剣な眼差し、揺るぎない信念、仕事に対する誇り。

これを見て島崎章を演じ切れるのは木村拓哉さんだと決定。

島崎章は人生の再起を懸けて立ち上がる男です。

「木村拓哉の新しい顔」を引き出せるかが勝負とスタッフも燃えています。

まとめ

木村拓哉さんはこのドラマのために肉体改造に挑んでいます。

2017年12月のクランクインまでに、みっちりトレーニングして撮影に臨みます。

トレーニングの成果が楽しみですね。

実はまだ『BG~身辺警護人~』は仮タイトルです。

このままのタイトルで決まる場合もあれば変わることもありますね。

民間ボディーガードと衝突する警視庁SPの配役が楽しみです。

そして、ヒロインを演じる女優にも期待したいですね。

追加キャストの発表が待たれます。