日本テレビで日曜よる10時30分から放送の『フランケンシュタインの恋』

複雑に絡み合う恋愛模様の中、ついに深志研が過去の記憶を取り戻し、ラジオの生放送で真実を語り始めます。

自分は120年前に貧しい農家に生まれた山部呼六・・・。

「120歳の怪物」はキャラ設定だとばかり思っていた人々の計り知れない衝撃!

そして、同じ時間帯で7月から放送されるドラマは、『愛してたって、秘密はある。

ここでは、ドラマのあらすじとキャスト、見どころを紹介しましょう。

ぜひ、ご覧ください!
スポンサーリンク

愛してたって、秘密はある。 ドラマのあらすじは?

あなたは、自分の大切な人のことを、どこまで知っていますか?
どこまでの事実なら、許せますか?

奥森黎(おくもり・れい)は、目標である弁護士を目指し、法科大学院に入学します。

ある事情から、奥森黎は、恋人も、友人もつくらず、なるべく人と関わりを持たずに生きて行こうとしていました。

しかし同じ法科大学院に通う立花爽(たちばな・さわ)と出会います。

爽は検事志望。
彼女は本当に魅力的で、黎の心を強く揺さぶりました。

天真爛漫で明るい性格で、いつも快活で上機嫌。
そんな爽に心を惹かれ、恋に落ちることに。

黎の母・昌子(しょうこ)も爽との交際に賛成してくれて、黎も結婚を前向きに考え始めます。
そして二人は婚約。

こんな幸福な人生が、まさか待っていたとは。
ところが、そんな喜びを砕く出来事が起こります。

奥森黎がずっと胸の奥にしまっていた過去の秘密を知っている人物から、不気味なメッセージが届いたのです。

戦慄する黎。

この秘密を知っているのは、黎と母の二人だけのはず。
あれは忘れもしない黎が中学生の時、度重なる父のDVに、母は身も心も消耗。

黎は父を葬り、庭に埋め、車も海に捨てました。
自分を暴力から守ってくれた息子に申し訳ない思いの昌子は、夫の失踪届けを出したのです。

そして8年が経ち、法的に死亡扱いとなり、黎は、法科大学院に入学したのです。

永久に母と黎の二人だけの秘密でしたが、それを知っている者がいる以上、心配なのはフィアンセの爽のこと。

秘密を言うべきか、墓場まで持っていくべきか。

爽に本当のことを話したら、婚約破棄か、正当防衛だから仕方ないと言ってくれるか。

魅力的な爽を本気で愛しているがゆえの苦悩と葛藤が続きます。

11年前の「奥森皓介失踪事件」の捜査をしていた刑事・一ノ瀬義男(矢柴俊博)が、黎にとっては恐怖の存在。

究極の選択を迫られた親子は、どんな決断を下すのでしょうか。

ハラハラドキドキが止まらないラブミステリーです。
スポンサーリンク

愛してたって、秘密はある。 キャストを紹介

では、キャストを紹介しましょう。

奥森黎/福士蒼汰

中学生の時、母親を暴力から守るために父親を殺害した過去を持つ。

正当防衛であるものの、遺体を庭に埋めて失踪届けを出したため、母子だけの絶対の秘密を抱えながら生きることに。

弁護士を目指し、法科大学院に入学し、真剣に結婚を考える女性と出会う。

2018年もすでに4本の映画に出演予定の超売れっ子俳優福士蒼汰さん。

主演の福士蒼汰さんは、ドラマの見どころを日本テレビの番宣で語っています。

「今回はラブミステリー作品ということで、恋愛の要素もありつつ、ミステリー、謎がとても多くある作品となっております。毎回ラストにドキッとするような展開が待っていますので、ぜひご覧ください」

立花爽/川口春奈

検事を目指し、奥森黎と同じ法科大学院に通う司法修習生。
天真爛漫でいつも快活な明るい性格の女性。

黎と意気投合し、恋愛に発展し、やがて交際することになる。

メインヒロインの川口春奈さんは、歓喜が伝わってくるコメント。

「脚本を読んで本当に面白いと思いました。色々な顔を持った、色々な秘密を抱えた人たちが出てくるなかで、この先ドラマがどのように展開するのか、そして自分自身もどうなっていくのか、本当にワクワク楽しみにしています。見応えのある大人のラブストーリーです」

では、ほかの重要登場人物を一気に紹介しましょう。

奥森黎の母で看護師の昌子(鈴木保奈美

大学病院の医師だった黎の父・奥森皓介(堀部圭亮

司法修習生で黎と爽の友人の安達虎太郎(白洲迅

法科大学院の講師で弁護士の香坂いずみ(山本未來

爽の母・立花茜(岡江久美子

爽の父で厳しい性格の検事正・立花弘晃(遠藤憲一

奥森皓介失踪事件を追う刑事・一ノ瀬義男(矢柴俊博

大学病院準教授の風見忠行(鈴木浩介

警察官の井上大吾(佐伯大地

神出鬼没の女子高生・浦西香凛(吉川愛

爽の兄でジャーナリストの立花暁人(賀来賢人

凄いメンバーが揃いましたね。

愛してたって、秘密はある。 ドラマの見どころは?

では、ドラマの見どころを見ていきましょう。

新ドラマが始まる時、観ようと思う最初のきっかけは、やはりキャストだと思いますね。

「小栗旬と西島秀俊の共演? 絶対観る!」

「あ、朝ドラの芳根京子ちゃんが出るなら観てみよう」

みたいな感じで第1話を観ると思います。

第1話を観て、「これは絶対最終回まで観よう」と思わせるのが勝負どころ。

第1話で、「まあ、これは観なくてもいいかな」と思われたら終わりですからね。

今回の注目は、やはりヒロインの川口春奈さん。
最近の川口春奈さんの輝きは多くの人が認めるところ。

もちろん10代の頃から活躍し、ドラマや映画でも主演・ヒロインを連発。

『金田一少年の事件簿』シリーズも、『夫のカノジョ』も、川口春奈さんの魅力を発揮した作品でした。

そして二十歳を過ぎ、大人の色香が増したのか、『Chef~三ツ星の給食~』(2016年・フジテレビ)での晴子役は目を見張るものがありました。

白い歯を見せて笑顔でごまかそうとする晴子(川口春奈)に、思わず「か・わ・い・い!」と許してしまう星野光子(天海祐希)

本当にかわいいというか、魅力的でした。

今作『愛してたって、秘密はある。』で川口春奈さんがヒロインとなれば、観るしかありません。

福士蒼汰さんとは、映画『好きっていいなよ。』(2014年)で共演。
ナイスカップル再びで、どんな恋人役を演じるのか楽しみです。

朝ドラ『あまちゃん』で大ブレイクし、瞬く間にスターになった福士蒼汰さん。

その後の大活躍は説明不要なほどですね。

ただ、殺人犯という役はおそらく初めてで、心に闇を抱えて生きる主人公をどう演じ切るか注目です。

今作で、かなり重要なポイントになりそうな役が、吉川愛さん演じる謎の女子高生。

奥森黎を翻弄する神出鬼没の浦西香凛は、大胆不敵でミステリアス。

黎に恋する乙女のようで、秘密がありそうな存在です。

実は、秘密を抱えているのは黎と母の昌子だけではなく、重要登場人物それぞれが秘密を抱えているのです。

そこも一つの見どころですね。

企画・原案がAKB48プロデューサーの秋元康さんというところも期待大。

今のところ48グループのキャストはないようですが、既存とは違う斬新なストーリー展開は間違いなさそう。

毎回ラストに必ず衝撃のシーンがあるということなので見逃せないし、次週が待ち遠しくなって困りますね。

小出恵介さんの代役には、賀来賢人さん。
爽の兄でジャーナリストの立花暁人は、検事正の父・弘晃とも上手くいかず反発。

かなり重要な役なので、やはり外せなかったんだと思います。

ほかのドラマが放送中止や協議中のなか、『愛してたって、秘密はある。』は予定通りの放送で、ホッとしています。

まとめ

日本テレビ『PON!』に番宣で出演した福士蒼汰さん、川口春奈さん、鈴木保奈美さんの3人。
聞き手は、お笑い芸人の永野さん。

ドラマのテーマでもある「秘密」について名回答を引き出す永野さん。

川口春奈さんは、「ミステリアスな部分があったほうが興味を惹かれるのかな」と恋愛観にも通じる興味津々なコメント。

福士蒼汰さんは、「実は僕はビールの瓶を世界各国集めてます」とテレビ初公開情報。

トドメを刺したのは鈴木保奈美さん。

「実はあなたのこと、ずっとラッセンさんだと思ってた」

「シェー!!」と大ショックの永野さん。

「秘密」を話すべきか、話さないべきか、『愛してたって、秘密はある。』は、かなりスリリングなドラマになりそうです。