日本テレビの土曜ドラマ『スーパーサラリーマン左江内氏』が声を出して笑ってしまうほど面白いです。

家族と遊園地に来ていた左江内(堤真一)でしたが、何とその遊園地に時限爆弾が仕掛けられた!

ラーメン大好き小池刑事(ムロツヨシ)がスーパーマン(堤真一)と爆弾を探しますが、発見した時は残り20秒!

選択肢は一つで左江内が爆弾を持って海まで飛び、空中で爆破!

忘却光線で皆スーパーマンを見たことを忘れるので、小池刑事が爆弾を約1キロ先の海まで投げたことにして、またもや自分の手柄に・・・どんな強肩?

佐藤二朗さんのアドリブは何を喋っているのかわからず、もはや反則負け。

そして、4月からは時間を夜10時からに変更し、「新土曜ドラマ」として新たなスタート。

第1弾は究極のラブストーリー『ボク、運命の人です。』が放送されます。

ここでは、ドラマのキャストとあらすじ、見どころを紹介しましょう。

ぜひ、ご覧ください。
スポンサーリンク

ボク、運命の人です。 ドラマのあらすじは?

今、恋をしている人、特に片想いの人はきっと、「運命の恋」を信じるでしょう。

「運命の出会い」と聞いてすぐに冷笑する人も確かに少なくありません。

しかし、白馬の王子様願望を抱く女性が多いように、人は心の奥底で、映画のようなドラマチックな恋愛を求めています。

29歳の会社員・正木誠は、平凡な生活を送っていました。
しかしある日、目の前に謎の男が現れます。

自らを「神」と名乗る若い男。

この時点でかなり怪しいと思うのが普通ですが、誠は自称神の言葉を信じるのです。

それは、誠にとって「運命の人」を教えるという、まさに神のお告げ。

「君は彼女を愛さなければいけない」

彼女とは、29歳のOLの湖月晴子。
ところが誠は、晴子のことを知りません。

それも自称神が否定し、奇跡的なすれ違いを語ります。

誠の運命の人・晴子とは、幼き頃に海水浴場で出会っているのです。
ほかにも、大学受験の試験会場で、さらには、今年の初詣の日、神社で。

しかし、いずれも同じ場所にいながら、すれ違い、出会いは生まれなかったと。

晴子は運命の人・・・この自称神の言葉に、誠は、忘れかけていた胸の高鳴りを覚えます。

そして、晴子にいきなり、「ボク、運命の人です」

恋愛偏差値低過ぎるのか、いくらイケメンでも突然そんなことを言われたら、不審者と思うでしょう。

通報されなかっただけマシというもの。

第一印象最悪の誠は、晴子にとって全く恋愛対象外。

それでも諦めずに何度も何度もアタックする誠。

何回告白されても断固拒否する晴子。

彼女は運命の出会いを信じるロマンチストではなく、現実的な女性で、結婚相手を選ぶなら安定・安心・安全を重視するタイプ。

初対面でいきなり「ボク、運命の人です」なんて言う怪しい男とは全く運命を感じません。

果たして誠は、運命の人・晴子のハートをつかむことができるのか?

そもそも謎の男は、二人の運命が見える全知全能の神なのか、それともただの人間?

この春、恋がしたくなるような刺激的なラブコメディが始まります。
ぜひ、ご覧ください!
スポンサーリンク

ボク、運命の人です。 キャストを紹介

それでは、ドラマのキャストを紹介しましょう。

正木誠/亀梨和也

運命の出会いを信じ、恋に走る29歳の会社員。

いろいろな出来事に翻弄されながらも、本気で好きになった運命の彼女に猛アタックを繰り返します。

何度肘鉄を食らってKO寸前に追い込まれても諦めません。

亀梨和也さんは、主演の意気込みを語っています。

30代となった今、それぞれの経験してきたことを役を通して作品に注ぎ込んでいければと思います

湖月晴子/木村文乃

運命なんか存在しないと理屈で考えるタイプの女性で、自分の目で見たものしか信じない、やや頭の固いところあり。

左脳的人間を自負する晴子ですが、誠の度重なる猛アタックに心が揺れていきます。

役柄と違い、台本を読む前に運命を感じて「やります!」と即答したという木村文乃さんは、やる気満々のコメント。

大人になってしまったが故に素直になりきれない歯がゆさ、ムズムズしながら応援してもらえるような、ほわっと可愛い人、晴子を演じることができたらいいなと思っています

神?/山下智久

正木誠の目の前に突然現れて「運命の人」が誰なのかを告げる自称神。

つかみどころがない謎の男。
しかし言葉に信憑性があるから誠は翻弄されっ放し。

かなり難しい役を演じる山下智久さんは、意気込みを語っています。

偶然と必然の真ん中を漂う不思議な存在になれるよう頑張りたいと思います

亀梨和也さんと木村文乃さんはドラマ初共演。

木村文乃さんと山下智久さんは『なぜ少女は記憶を失わなければならなかったのか~心の科学者・成海朔の挑戦~』(2014年・日本テレビ)で共演。

中学生の頃から仲良しの山下智久さんと亀梨和也さんは、『野ブタ。をプロデュース』以来12ぶりの共演。

ボク、運命の人です。 ドラマの見どころは?

それではドラマの見どころを見ていきましょう。

2017年2月20日(月)に番宣のため日本テレビの「PON!」に出演した亀梨和也さんと木村文乃さん。

5分前に「はじめまして」と挨拶したと笑う二人は、バラエティでも接点がなかったようですね。

ドラマの内容をさらりと紹介した二人ですが、話題はどうしても主題歌のほうに行きます。
今、巷では凄い騒ぎ。

『野ブタ。をプロデュース』(2005年・日本テレビ)で共演した亀梨和也さんと山下智久さんの役名は、修二(亀梨和也)と彰(山下智久)

そして劇中の名前のまま「修二と彰」がドラマ主題歌『青春アミーゴ』をリリース。

何とこの曲は165万6000枚の大ヒット!

そして今作『ボク、運命の人です。』でも二人がスペシャルユニットを組み、主題歌を歌うことが決定しているんです。

ユニット名は「亀と山P」

曲のタイトルも楽しみだし、どんなメロディと歌詞になるのか、ドラマではエンディングで二人が熱唱するのか。

ドラマと合わせて楽しみも2倍です。

ネットの反響は?

「え!? えー!? あの一世風靡した修二と彰が違う形で復活!? まだパニックってます」

「修二と彰以来、12年ぶりの強力タッグ 嬉しさ興奮MAXです」

「ボク、運命の人ですみたい!! 山P、亀梨かっこよすぎ」

喜びというか、ファンの興奮が伝わってきます。

最初、この3人のキャストの名前を見た時、てっきり木村文乃さんを二人で取り合う三角関係的なストーリーかと思ったら、違いましたね。

でも神の正体がわからない以上、どういう展開になるかは未知数。

「PON!」でも亀梨和也さんが青木源太アナに、「まだこの段階ではどっち派って聞かないで」と釘を刺し、木村文乃さんは笑っていました。

木村文乃さんが亀と山P、どっち派と言うと撮影に支障をきたすからと。

木村文乃さんは『野ブタ。をプロデュース』を観ていたそうで、『青春アミーゴ』もカラオケで歌っていたそうですよ。

やはり見どころは、この3人のやりとり。
亀梨和也さんは、神の山下智久さんに相当翻弄される役のようです。

木村文乃さん演じる晴子から謎の神の姿が見えるのかどうか。

本当に神だったらSFチックですが、今のところ正体がわかりません。

実は普通の人間だとしたら、三角関係のバトルもあり得るかも。

亀梨和也さん演じる正木誠は、初対面の女性にいきなり「ボク、運命の人です」なんて言ってしまうあたり、恋愛に慣れていない不器用な男?

『東京バンドワゴン~下町大家族物語~』(2013年・日本テレビ)では素朴な青年を演じた亀梨和也さん。

そこは役者、二枚目も三枚目も行けます。

木村文乃さんは、『A LIFE~愛しき人~』(2017年・TBS)がまさにハマリ役。

医師よりも医術に詳しいオペナースの役ですが、意地を張り、強がって、本当に応援したくなる女性を見事に熱演しています。

ナチュラルな演技でルックスも文句なしに魅力的な木村文乃さんは、今作もヒロインとして成否の鍵を握るでしょう。

頑なに誠の猛アタックを拒否しながらも、段々と心が揺れ動いていく晴子。

二人の恋のゆくえが最大の見どころですが、謎の神・山Pがどう絡んでくるのか。

まさかの大どんでん返しはあるのか、結末が見えない作品ですね。

当然のごとく、真面目なメインテーマとして、「運命」があります。

今、恋人がいなくても、これから運命の人と劇的な出会いがあると思ったら、心もワクワクします。

今好きな人がいるなら、なおさら、その好きな人が運命の人と思いたい気持ちが強くなるでしょう。

この春、ロマンに満ち溢れた土曜の夜になる予感がします。

まとめ

スパイに怪盗に妖怪人間と、結構凄い役が多い亀梨和也さん。

あしたのジョーからお坊さんまで何でも演じきるストイックな山下智久さん。

「修二と彰」の頃は19、20歳だったので、30を超えた「亀と山P」が歌とドラマで何を魅せてくれるか、期待しましょう。

2017年はすでに『追憶』『火花』と二本の映画に出演が決まっている木村文乃さん。

最近の活躍は目覚しいものがありますが、彼女の魅力、輝きがどんどん増していくようで、この勢いは止まりそうもありませんね。

3人のほかにも当然、重要人物が出てくると思いますので、追加キャストが待ち遠しいです。