日本テレビで22時30分から放送の新日曜ドラマ『視覚探偵日暮旅人』

ただのコミカルな刑事だと思っていた白石孝徳課長代理(吹越満)が、まさか旅人(松坂桃李)の最終的な敵だったとは!?

雪路(濱田岳)にも旅人と同じ「普通の人が見えないものが視える能力」が開花するというまさかの展開。

すれ違う陽子(多部未華子)と旅人の恋のゆくえは?

毎回目まぐるしくて一週たりとも見逃せませんね。

そして、2017年4月からスタートの新日曜ドラマは、『フランケンシュタインの恋

「綾野剛、怪物になります」のキャッチコピーで、すでに巷でも話題騒然。

いったいどんなドラマになるのか?

ここでは、ドラマのキャストとあらすじ、見どころを紹介しましょう。

さらに、『フランケンシュタイン』関連作品にも少し触れたいと思います。

ぜひ、ご覧ください!
スポンサーリンク

フランケンシュタインの恋 ドラマのあらすじは?

人間とは何か?
恋とは何か?

この普遍的なテーマを描く全く新しいフランケンシュタインの物語が、テレビドラマ史上前例のない斬新な仕掛けで、幕を開けます。

ドラマの舞台は2017年の現代。
怪物は森の中で暮らしていました。

100年という気が遠くなるような長い歳月、誰にも会わないように、ひっそりと、息をひそめて生きていました。

死ねない怪物。

永遠の生命を持つ怪物は、孤独の中、たった一人で生きてきたのです。

しかし・・・・・・。

彼は、出会ったしまったのです、人間の女性に。

怪物は彼女を見て、初めて湧いてくる感情に、戸惑います。

「この感情は何だろう? 切ないような、苦しいような、甘ずっぱい香り・・・」

今まで感じたことがない熱い思いを抱いた怪物は、初めて「恋」を知るのです。

そして、彼女を通して、人間を知り、友情を知り、世界がどんどん広がっていきます。

彼女への情熱は日増しに強くなり、禁断の恋へと向かいますが、怪物は人に触れることができないのです。

不老不死の怪物と、人間の女性の恋は、果たして実るのか、それとも、悲しい悲しい物語になってしまうのか。

儚さと希望が交錯する、圧倒的な愛に満ち溢れた怪物と人間のラブストーリーです。

フランケンシュタインの恋 ドラマのキャストを紹介

今のところ、公表されているのは、主演の綾野剛さんだけです。

100年前、ある事件が原因で生まれてしまった怪物。
人間離れした力の持ち主であるが、心の優しいピュアな怪物。

人間に拒絶される怖さと、人間に触れたい願望の狭間で迷う。

今までも多くの役を演じてきた綾野剛さん。
誠実な自衛官、産科医にして謎のピアニスト、射撃の名手の警察官、正義感溢れるスカウトマン、石川五ェ門。

しかし、怪物役は初めての挑戦です。
ただ、人間ではない役はありますね。

綾野剛さんの俳優デビュー作品は、何といっても『仮面ライダー555』
今の綾野剛さんのイメージから仮面ライダーで華々しくデビューと思ったら大間違い。

綾野剛さんが演じたのは、怪人スパイダーオルフェノクです。
『勇者ヨシヒコ』でも、半分馬で半分人間のケンタウロス男を演じました。

忘れてはならないのは、映画『GANTZ』の黒服星人。
結構、人間じゃない役をやっていますね。

綾野剛さんは、主演の意気込みを語っています。

怪物が人と出会い、人を知り、世界を知っていく。王道のラブストーリーですので、観てくれる方がむずかゆくなるような、時に切なく、時に共感できるような怪物を皆さんにお届けします

スポンサーリンク

フランケンシュタインの恋 ドラマの見どころは?

何といっても最大の見どころは、綾野剛さんの演技です。

始まりは、河野英裕プロデューサーが綾野剛さんにかけた第一声。

「綾野剛さん、人間、やめませんか?」

綾野剛さんは「怪物役」と聞いて、全く違和感がなかったようですよ。

このドラマは、始めから綾野剛主演と決めてから制作に取りかかりました。

綾野剛さんも、怪物が住む森のイメージなど意見を言ったりして制作段階から加わっているんです。

今までも怪人や半獣人を演じてきた綾野剛さん。
特に映画『GANTZ』の黒服星人は、まさに水を得た魚のよう。

電車の中で、玄野計(二宮和也)が恋心を寄せる多恵(吉高由里子)を平然と射殺しようとして玄野に撃たれるが、吹っ飛んだ腕がはえてくる。

走行中の電車のドアを片手でもぎ取り、ぶん投げる怪物パワー。

ぶっ飛ばされて首が90度に曲がっても、両手でゴキッと元に戻す不気味な仕草。

実はこれはCGではなく、綾野剛さんは首が実際に90度まで曲がるように特訓して撮影に臨んだんです。

まさに、リアル怪物・綾野剛!

でも、今回の怪物は綾野剛さんの言うには、「愛おしい怪物」なので、黒服星人とは違いますね。
もちろん田中星人とも違います。

GANTZファンにしかわからないギャグはさておき、「フランケンシュタイン」関連作品に少し触れておきましょう。

元祖はイギリスの作家であるメアリー・シュリーが1818年に著した小説『フランケンシュタイン』

フランケンシュタインとは怪物を作った科学者の名前なんですが、なぜか「怪物=フランケンシュタイン」というイメージが広がってしまいました。

綾野剛さんが演じる今回の怪物の名前も、どうやら「フランケンシュタイン」ですね。

映画では1931年に、ジェイムズ・ホエール監督の『フランケンシュタイン』が上映され、主演はコリン・クライヴ。

この作品が世界的に大ヒットして、「フランケンシュタイン」という名前が一躍有名になりました。

そして1994年に公開された、ロバート・デ・ニーロ主演の『フランケンシュタイン』
デ・ニーロの怪物ぶりは鬼気迫るものがあります。

いずれも怪物はピュアなハートの持ち主で、知能も高いのに、容姿の醜さゆえに人間から拒絶され、殺戮に走ってしまう悲しい物語です。

綾野剛さんも特殊メイクで、顔に縫い目があるモンスターと化してしまうのでしょうか?

女性ファンからしたら、あまり酷くしないでほしいというのが本音でしょう。

綾野剛さんの怪物役は、ネットでも話題に上がっていますね。

「綾野剛なら出来そうな気がします。ヒロイン役は誰なんだろう?」

「シザーハンズのイメージかな」

「初の怪物って、オルフェノクやってたじゃん」

「小栗旬は『ヤングフランケン』で舞台、綾野剛は『フランケンシュタインの恋』でドラマなんだ。こんな偶然あるのか。今年はフランケンシュタインブーム来るの?」

実は小栗旬さん主演のミュージカル『ヤングフランケンシュタイン』のほかにも、日生劇場でもミュージカル『フランケンシュタイン』が上映。

本当にフランケンシュタインブームが来るのでしょうか?

ともかく、綾野剛さんが、どんな怪物ぶりを見せてくれるか、本当に楽しみです。

きっと期待以上の怪演が炸裂することでしょう。

フランケンシュタインの恋 気になるヒロインは?

物語は、怪物・フランケンシュタインが、人間の女性に恋をするところから動き出しますが、まだヒロインの配役が発表されていません。

どんな出会い方をするのか、やはりひと目惚れなのか、ストーリーも気になりますが、一番は誰が演じるのかですね。

『逃げ恥』人気が冷めていない今、新垣結衣さんはどうでしょう。

綾野剛さんと新垣結衣さんは、『空飛ぶ広報室』(2013年・TBS)で共演していますね。

自衛官と記者の恋は、散々すれ違って最終回のラストシーンでようやく結ばれた二人。

ネットでもヒロイン予想があちこちで展開されていますが、とある目撃情報を二つも入手!

ツイートですから、信憑性はともかく、貴重な目撃情報です。

「帰り道、なんか最近ドラマ撮影してるんだけど、後からTwitter見てたら、あれは綾野剛と福士蒼汰と広瀬すずだったんだ。普通に後ろ通ってたわ。見れば良かった」(2017年1月27日)

「昨日、群馬県高崎市にある高崎ビューホテルで綾野剛と綾瀬はるかの目撃情報がありました。春ドラマ『フランケンシュタインの恋』の撮影ロケか?」(2017年2月8日)

ヒロインは、綾瀬はるかさん、それとも、広瀬すずさん?

ドラマだから両方出てもおかしくないです。

いずれにしても、怪物が本気で恋をしてしまうのだから、説得力のある魅力的な女優であることは、間違いないでしょう。

もしかしたら、福山雅治さん主演の『ラヴソング』のヒロインのように、ブレイク前の無名の新人を大抜擢ということも十分にあり得ますね。

藤原さくらさんはチャーミングで凄く良かったです。

とにかくヒロインの発表が待ち遠しいですね。

【2017/02/14追記】

ヒロインは二階堂ふみさんでしたね!

天真爛漫でかわいいイメージのある二階堂さん。

今回はリケジョに挑戦。

フランケンに恋する女性をどのように演じてくれるのか?
非常に楽しみです^ ^

まとめ

なるほど、映画『シザーハンズ』のような世界観もいいですね。

1990年、ジョニー・デップが今ほどのスーパースターになる前だったと思いますが、感動的な傑作でした。

人造人間は両手がハサミで、人間の手にする最終段階を前に、発明家のおじいさんは発作を起こして帰らぬ人に。

一人残された人造人間は、両手がハサミゆえの悲劇も味わいますが、美しき少女と出会い、恋を知ります。

『フランケンシュタインの恋』も、彼女のほうが、怪物に対して、どんな接し方をするのか。

今から想像を巡らせ、いろいろな展開を予想してしまいます。

怪物を決して受け入れない世間の寒風にもさらされそうで、奥深いヒューマンラブストーリーになりそうな予感。