2016年NHK大河ドラマ『真田丸』もいよいよクライマックスへ突入!
長い蟄居生活の鎖を断ち切り、真田信繁改め真田幸村が親譲りの稀代の名将として戦場に帰って来ます。

徳川対豊臣。
この戦で豊臣軍の指揮を執る真田幸村がどんな活躍を見せるか見届けたいと思います。

そして、2017年の大河ドラマは『おんな城主直虎
主演は大河ドラマ初出演の柴咲コウさん。

ここでは、ドラマのあらすじと超豪華なキャストを一気に紹介します。

大河ドラマの歴史を紐解きながら見どころも見ていきましょう。

ぜひ、ご覧ください!

スポンサーリンク

おんな城主直虎 ドラマのあらすじは?

それでは最初にドラマのあらすじを紹介しましょう。
イメージが湧くように役名とキャストの名前も一緒に入れます。

井伊家の当主・井伊直盛(杉本哲太)は、生け花を愛するような心優しい武士。
今川家の支配下にある井伊家の舵取りは、家中にも不満を持つ者がいて、困難を極めていました。

直盛の妻・千賀(財前直見)は、今川家臣・新野左馬助(刈谷俊介)の妹。
今川と井伊の同盟の証しとして井伊家に嫁いだ千賀でしたが、男子を産めずに心苦しく思っています。

現代では考えられない戦国時代特有の風潮ですね。

心優しき父・直盛と、気丈な母・千賀の間に生まれたおとわ(柴咲コウ)
直盛の子は娘のおとわだけなので、後継ぎとなる男子と許婚に。

おとわは、分家の亀之丞(三浦春馬)と将来夫婦になる約束をします。
ところが思いがけない悲劇が・・・。

亀之丞の父・井伊直満(宇梶剛士)は、息子が井伊家の領主になることが決まり、それを機に今川の支配下から脱出できないかを画策。
その企みがどこから漏れたのか、今川家に対して謀反の疑惑をかけられ、直満は囚われの身に。
息子の亀之丞もどこかに姿をくらましてしまいました。
傷心のおとわ。

井伊直満を売ったという噂もある小野政直(吹越満)は、自分の子である鶴丸(高橋一生)をおとわの妻にしようとしますが、おとわは拒否。

おとわは亀之丞への思いを諦めていないのか、誰とも結婚できないように出家してしまいます。
住職の南渓和尚(小林薫)は、女子のおとわに「次郎法師」という男の名を送りました。

月日は流れ、戦などで男は皆いなくなり、城を守り、戦の指揮を執れるような将の器は、もはや井伊家に一人もいません。

その時、南渓和尚は、次郎法師を継がせるという妙案を出します。

立ち上がるべき時が来ました。
次郎法師は、井伊直虎と名を改め、敢然とおんな城主を引き受けるのです。

「女に務まるわけがなかろう」という声を打ち消すような、臨機応援な交渉力、政治手腕、民への思いやり。

貧しい村人から年貢を取るのではなく、新しい産業を生み、富を稼ぐ手法は、男にはない発想です。

そして自分の後継者の教育にも尽力し、井伊直親(三浦春馬)の嫡男・虎松(菅田将暉)を強く育てます。

しかし北には武田信玄、西には徳川家康(阿部サダヲ)が虎視眈々。
どう難局を乗り越えるのか、井伊直虎。

女性でありながら、激動の戦国の世を生き抜いた井伊直虎の壮絶な物語です。

おんな城主直虎 キャストを紹介

それでは、キャストを紹介しましょう。

井伊直虎/柴咲コウ

幼名はおとわ、出家して次郎法師。
井伊直盛と千賀の娘。

分家の亀之丞と婚約し、将来夫を守り支えて井伊家を守る気持ちでいましたが、亀之丞の父が謀反の罪で囚われ、彼も命からがら逃亡。

傷心のおとわは出家しますが、やがておんな城主・井伊直虎として城を守り、敵を迎え撃つことになるのです。

時代劇は、『大奥』や『信長協奏曲』など何作も出演している柴咲コウさん。
でも大河ドラマは初出演にして初主演。

柴咲コウさんはクランクイン前、静岡県浜松市にある龍潭寺へ行き、井伊直虎の墓参りをしました。

このたび、井伊直虎様をやらせていただきますと御報告しました。信念と覚悟と真実の愛、真心の愛を込めてつとめさせていただきますと心の中で御報告いたしました

深く強い決心を感じるコメントですね。

井伊直親/三浦春馬

幼名は亀之丞。

おとわの許婚になり、将来は井伊家の領主になるはずが、父の謀反の疑いで逃亡。

後に名を直親に改め、井伊家の家臣・奥山朝利の娘・しのを嫁にもらいます。
出家した次郎法師は、結婚することができないのです。

井伊直政/菅田将暉

井伊直親の子・虎松。
後見人となった直虎に育てられ、徳川四天王の一人・井伊直政に成長します。

幼い頃は軟弱に見えた虎松が、天下獲りを狙う家康を支える存在になるとは、想像もつかない大出世。

大河ドラマ初出演の菅田将暉さんらしいコメント。

所作のことだったり、歴史のことだったり、無知なところがたくさんありますが、徳川四天王の中でも一番若い直政をキレッキレでかっこよく演じられたらなと思います

南渓和尚/小林薫

直虎の大叔父。
龍潭寺の住職で、おとわを守り育てます。

一見いい加減な性格に見えますが、実は頭脳明晰。
発言力もあり、井伊家の大事な知恵袋。

直虎が城主として立つ時、南渓和尚も軍師的な存在として直虎を助けるのです。

徳川家康/阿部サダヲ

まだ絶大な権力を手にする前の竹千代から演じます。

今川家の人質として少年時代を過ごし、桶狭間の戦いでは先鋒として戦場へ。

後に井伊家とは深い関わりを持ちます。

さすが阿部サダヲさんはユーモラスなコメント。

今まで家康を演じたことのある俳優を調べたんです。そうしたら、すごく有名な人ばかりなんですよね。びっくりするぐらい大御所の方ばかりで。ただ一人だけ、カンニング竹山さんもやっているというので、少しほっとしているところです

「ほっとしてるって何だよ!」と怒鳴るカンニング竹山さんのキレた顔が浮かんできます。

ちなみに徳川家康を演じた俳優を一部挙げると。

若山富三郎、丹波哲郎、北大路欣也、藤田まこと、高橋英樹、松方弘樹、小林旭、西田敏行、児玉清、寺尾聰さん。

確かに凄い顔ぶれです。

カンニング竹山さんのほかに濱田岳さんも家康を演じているので大丈夫です。

『おんな城主直虎』のキャストはあまりにも多く、全部を紹介できません。
そこで、あらすじで名前が出た以外のキャストを紹介しましょう。

○井伊家の先々代当主、血気盛んなご隠居・井伊直平(前田吟)
○直虎と因縁深き盗賊団の頭・龍雲丸(柳楽優弥)
○井伊直親の妻・しの(貫地谷しほり)
○金のためなら手段は選ばない豪商・瀬戸方久(ムロツヨシ)
○井伊家の家臣でしのの父・奥山朝利(でんでん)
○井伊家の重臣で反小野家の急先鋒・中野直由(筧利夫)
○今川家当主・今川義元(春風亭昇太)
○今川義元の嫡男・氏真(尾上松也)
○直虎がお手本にするような女傑、「女戦国大名」の異名を持つ寿桂尼(朝丘ルリ子)
○家康の正室・築山殿(菜々緒)
○亡き直親の隠し子と名乗り、信濃から井伊家に来た謎の美少女・高瀬(髙橋ひかる)
○武芸に優れた龍潭寺の僧侶で、おとわの兄弟子に当たる傑山(市原隼人)

まだまだ重要キャストはいますがキリがないのでここまでに絞りたいと思います。

おんな城主直虎 ドラマの見どころは?

それではドラマの見どころを見ていきましょう。

民主主義でも男女平等でもない戦国時代。
男が上で女が下と信じて疑わない時代ですから、直虎が城主をやる困難さは想像を絶します。

味方からも文句が出て、女と聞いて敵は絶好の攻め時と判断するから危険が大きいのです。

大河ドラマで女性が主人公の物語は、結構ありますね。

最近では、宮崎あおい主演『篤姫』(2008年)、上野樹里主演『江~姫たちの戦国~』(2011年)、綾瀬はるか主演『八重の桜』(2013年)、井上真央主演『花燃ゆ』(2015年)

柴咲コウさんがどんな名演技を魅せるか、今から楽しみです。

そして大河ドラマといえば、毎回豪華な女優陣も見逃せませんね。
2016年『真田丸』も、長澤まさみ、松岡茉優、木村佳乃、黒木華、竹内結子、岸井ゆきの、橋本マナミさんなど綺麗どころが乱舞。

では『おんな城主直虎』で注目の女優は、井伊家に波乱を巻き起こす高瀬を演じる髙橋ひかるさんです。

髙橋ひかるさんは、2001年9月22日生まれ、滋賀県出身の15歳。
第14回全日本国民的美少女コンテストでグランプリに輝きました。

応募総数8万1031名の頂点です。
映画に出演しているので芝居の経験はありますが、本格的な重要役は、『おんな城主直虎』が初めてのようなもの。

いきなり大河ドラマとは期待の大きさがわかりますね。

第一陣のキャストを見て「え、これだけ?」と思ってはいけません。
二陣三陣と追加キャストがどんどん出てきますから。

大河ドラマは1年間と放送が長いので、中盤・後半と大物俳優が続々と投入されることは毎年のこと。
『真田丸』でも。

千利休(桂文枝)、大谷吉継(片岡愛之助)、稲(吉田羊)、後藤又兵衛(哀川翔)
何といっても呂宋助左衛門を松本幸四郎さんが演じたのはびっくり。

大河ドラマ『黄金の日日』で市川染五郎さんが呂宋助左衛門を演じたのは1978年。
38年が経っているのに同一俳優が同じ役をやるとは。

助左を松本幸四郎さんが演じるのは、大河ドラマファンが喜ぶ遊び心なんです。
『おんな城主直虎』にも、そういう演出があるかもしれませんよ。

阿部サダヲさんの徳川家康も、どう演じてくれるか凄く楽しみです。
最近の徳川家康役は、『江~姫たちの戦国~』では北大路欣也さん。
『軍師官兵衛』では寺尾聰さん。
『真田丸』では内野聖陽さん。

でも竹千代から演じるのは、近年ありません。

『真田丸』で豊臣秀吉を演じる小日向文世さんが、テレビ番組で緒形拳さんが演じる豊臣秀吉を視聴。

緒形拳さんの鬼気迫る迫真の熱演に、小日向文世さんは
「いやあ・・・」と見なきゃよかったと言わんばかりの絶句。

小日向文世さん同様、阿部サダヲさんもプレッシャーを跳ね除け、ユニークな徳川家康を見事に演じ切ることでしょう。

もしかしたらユーモラスな家康という違った一面も見られる予感。

『真田丸』でも真田信之役の大泉洋さんは、シリアスな場面なのに笑いを取るという高度な技を炸裂していましたから。

大河ドラマで毎回話題になる子役ですが、『おんな城主直虎』はまだ発表されていませんね。

滝沢秀明主演『義経』(2005年)では、子役の神木隆之介くんの名演技が光り大反響。

妻夫木聡主演『天地人』(2009年)では、子役の加藤清史郎くんが大ブレイク。

『おんな城主直虎』の子役も楽しみです。
でも必ずしも子役を使うとは限らないんです。

『篤姫』の時、篤姫と徳川家茂が出会うのは、確か家茂が10歳くらいの時。
しかし子役を使わず、その年齢から松田翔太さんが演じました。

おとわや亀之丞は子供ですが、柴咲コウさんや三浦春馬さんが最初から演じる可能性もありますね。

ちょっとマニアックな見どころになってしまったかもしれませんが。
『おんな城主直虎』で、物語の中心となる戦は、有名な「桶狭間の戦い」

『真田丸』も有名な「関ヶ原の戦い」に向かってその経過が描かれていったわけですが、「桶狭間の戦い」も、なぜ起きたのか、それまでのプロセスが興奮するわけです。

それでは、役者の想像以上の名演技に期待しましょう。

まとめ

マニアックついでに、大河ドラマは最初の主題曲や題字、そして出演も重要なんです。

例えば『真田丸』でいえば、主役の「真田信繁 堺雅人」が最初なのは当然です。

大事なのは途中、一旦文字が全部消えて、パッパッと景色や城が出て、「本多忠勝 藤岡弘、」と出ると、「オオオ!」となるわけです。

その週によって「出浦昌相 寺島進」だったり、「上杉景勝 遠藤憲一」だったりと変わります。

そして俳優の格と重要度で最後に出る名前が決まりますが、ほとんど「真田昌幸 草刈正雄」

昌幸が逝去したあとは、「徳川家康 内野聖陽」が栄えある最後を飾ります。

わかる人にはわかる、昔からの大河ドラマの伝統ですね。

わからない人には「すいません」と謝るしかありません。