フジテレビ日曜よる9時に放送中の『HOPE~期待ゼロの新入社員~』もいよいよ次回が最終回。

囲碁もビジネスも読みと打つ手が重要な戦略の世界。
プロ棋士を目指すほどの一ノ瀬歩(中島裕翔)はやはり実力があったんです。

ドラマで存在が光るのは織田勇仁課長を演じる遠藤憲一さん。
部下を信じ、守り、最後は自分が全責任を取るという上司の鑑。

今のこの状況からハッピーエンドになるのか少し心配。

そして10月からは、同じ時間帯で刑事ドラマが放送されます。

玉木宏さん主演の『キャリア~掟破りの警察署長~

役名が何と「遠山金志郎」

ここでは、ドラマのキャストとあらすじ、そして見どころを紹介しましょう。
知らない人のために、時代劇『遠山の金さん』のおさらいも。

ぜひ、ご覧ください!

スポンサーリンク

キャリア ドラマのあらすじは?

それでは最初にドラマのあらすじを見ていきましょう。

北町奉行ではなく、北町署の警察署長として赴任してきたキャリア警察官の遠山金志郎
彼はエリートですが、ひょうひょうとした性格で変わり者。

この北町署界隈は、決して治安が良いほうではなく、窃盗やストーカー、暴力、近隣トラブル。
残念ながら強盗などの重大犯罪も起きています。

遠山金志郎の信念は、事件を未然に防ぐこと。
事件が起きてから動くのではなく、犯罪を無くすことが最高の理想であり、市民の願望であるはず。

遠山金志郎署長は、従来の署長のように署長室にいてハンコを押しているような人間ではありません。
自ら現場に足を運び、街を歩き回り、市民と接して情報を収集します。

しかし、現場の刑事たちは、そんな署長を歓迎しません。
現場の捜査員には自分たちの今までのやり方があるので、署長は署長室にいてほしいというのが本音。

でも遠山金志郎署長は、彼独特の捜査方法で捜査することをやめません。
そのため、特にベテラン刑事の南洋三と衝突することになります。

ニュースを見ても、警察の不祥事は多く、警察への信頼は下がっています。

遠山金志郎はそのことに心を痛め、信頼回復のために全力投球。
ストーカー事件でもDVでも、被害者が助けを求めているのに事件性が薄いという理由で警察は動かない。

それではいけないと、遠山金志郎は市民と直に接して声を聞き、助けを求めてくる人を放ってはおきません。

北町署では、連続強盗殺人事件の捜査をしていました。
捜査会議の部屋に来た遠山金志郎は、「見過ごせない事件がある」と言います。

それは落書き。
被害通報NO1は落書きの被害なのです。

事件の重大さを比較して、南洋三たちは、署長の話に拒否の姿勢。

遠山金志郎は「事件に大きいも小さいもない」というポリシーを持っています。

(あれ、このセリフは湾岸署のすみれさんのセリフでは?)

落書き事件の捜査には誰も協力してくれないので、仕方なく遠山署長一人で捜査。
しかし捜査といっても、ここが普通の署長とは違うところ。

遠山金志郎は黄色のコートに着替え、署長ではなく一般市民になりすまし、捜査開始。
つまり、警察署長ではなく一般市民として振る舞うから、生きた情報を集めることができるのです。

まさに遠山の金さん!

北町署には、新人女性刑事の相川実里がいます。

彼女は早く一人前になりたいと必死に頑張るもどこか空回り。
性格は真っすぐですが、融通がききません。

今回も捜査から外されてしまい、遠山署長の案内役を命じられ、不機嫌な実里刑事。

遠山金志郎と相川実里は、二人で落書き犯を探します。
不機嫌な実里と一緒にお好み焼きの店に入ると、そこで4人の高校生と出会いました。

落書きには、実は意外なメッセージが隠されていたのです・・・。

強盗殺人という重大事件と、それに比べたら軽く見られがちな落書き被害。

果たしてこの二つの事件は繋がっているのでしょうか。

キャリア キャストを紹介

それではドラマのキャストを紹介しましょう。

遠山金志郎/玉木宏

北町署の警察署長。
現場の刑事からは迷惑がられますが、自分の信念で動き、事件を解決に導く敏腕エリート。

性格は日頃はひょうひょうとしていますが、いざという時に熱い情熱を滾らせます。

刑事役は『ギルティ 悪魔と契約した女』(2010年・フジテレビ)で経験している玉木宏さん。

でもキャリア組のエリートで警察署長は初めて。
玉木宏さんは自分の役柄とドラマの見どころを語ります。

僕自身、ドラマへの意気込みは十分にありますが、役柄的にもチカラを抜きつつ、見やすいけれど、じんわり心を揺さぶることができるようなヒューマンドラマを目指し、撮影に臨みます

相川実里/瀧本美織

北町署の新人刑事。
遠山金志郎署長と行動を共にしますが、彼女にも署長とは違う自分のやり方、考え方があります。

果たして歩み寄りはあるのか?

歌手、探偵、くノ一、フラガール、看護師といろいろな役を演じてきた瀧本美織さん。
でも刑事役は初めてです。

今回は、肩に触れない短めな黒髪でボーイッシュな瀧本美織さんが見られますよ。

今までのドラマでは演じたことがない、熱くハートフルな女性警察官・相川実里。

瀧本美織さんらしい謙虚なコメント。

体を動かすことが凄く好きなのでアクションが今から楽しみです。まだまだ経験も浅いなか、このような機会をいただけで本当に嬉しいです

南洋三/高嶋政宏

遠山金志郎署長と対立するノンキャリアのベテラン刑事。

現場叩き上げの刑事は、エリートを嫌う傾向にあります。
しかも署長は捜査に割り込んで来るし、理想が高いし、意見の衝突も激化。

遠山署長と南洋三の関係の変化にも注目。

高嶋政宏さんは、『S-最後の警官-』ではSATの隊長。
『刑事7人』では12係の係長。

警察の指揮官も経験していて、刑事役は水を得た魚か。

高嶋政宏さんは俳優目線の貴重なコメント。

どんな素敵な出会いがあるのかと今から興奮してます。瀧本さんとはドラマでは初共演。どんなトーン、どんな息で来るのか楽しみでなりません

スポンサーリンク

キャリア ドラマの見所はここ!

それではドラマの見どころを見ていきましょう。

本作の企画は、実際のニュースから生まれました。

「何とかならなかったのか!」と心を痛める事件が多い昨今。
ドラマの中で、市民の僅かなサインにも敏感な警察官を登場させたい。

こうして生まれたのが平成版遠山の金さん・遠山金志郎です。

過去のドラマでも、北大路欣也さんや、高嶋政伸さんが、現場に足を運ぶ警察署長を演じました。

しかし今回の『キャリア~掟破りの警察署長~』が今までと違うのは、警察署長という身分を隠して市民の中に入り込み、本音の声や情報を集める。

まさに遠山の金さんそのものなんです。

『遠山の金さん』を知らない人のために、さらっとおさらいしましょう。

高橋英樹さんや松方弘樹さんなど、多くの名優が演じた『遠山の金さん』
私は個人的に杉良太郎さんが一番印象に残っていますね。

杉良太郎さんが歌った主題歌の『すきま風』も大ヒット。

金さんは北町奉行という身分を隠し、「遊び人の金さん」として昼間から酒場にいたりします。
明るくて気さくで、しかも強い金さんは、皆に慕われていました。

ある意味、『水戸黄門』や『暴れん坊将軍』のような時代劇特有の王道のワンパターン。
金さんは自ら捜査して黒幕を突き止め、暴れん坊将軍や桃太郎侍のように悪党の屋敷に一人で乗り込みます。

そして着物を剥いで悪党たちに自分の肩を見せるのです。
その肩には見事な桜吹雪の刺青。

金さんは刀で襲いかかって来る大勢の武士を素手でなぎ倒すほどメチャクチャ強い!

そこへ「御用だ御用だ」と大勢のおかっぴきが現れると、金さんは風のごとくどこかへ消え失せます。

北町奉行所で捕らえられた悪党たちの裁判をしますが、彼らは証拠がないので余裕の笑顔。

とぼける者たちに業を煮やした奉行が、今までの丁寧な言葉遣いとは打って変わって、いきなりベランメー調。

「おうおうおう、黙って聞いてりゃあ寝ぼけたことぬかしやがって!」

そう言って奉行は、肩の桜吹雪を見せるのです。

「この桜吹雪に見覚えがねえとは言わさねえぜ!」

悪党たちはあの夜のことを思い出し、顔面蒼白。
両目を見開き、大きい口を開けたまま、この世の終わりのような顔をして絶句。

最後の決めゼリフも決まっていて、「これにて一件落着!」


おっと、さらっと説明するつもりが熱く語ってしまいました。

今回の『キャリア~掟破りの警察署長~』の遠山金志郎署長は、まさに遠山の金さんと同じなんです。
現代版と言ってもいいでしょう。

遠山金志郎署長の場合、まさか桜吹雪というわけにはいきませんから、クライマックスはどういう展開を見せるのか、凄く楽しみです。

遠山金志郎の正体が警察署長だとわかった瞬間の犯人の顔を見るのが、毎週の痛快タイム。

時代劇のような王道のワンパターンに昇華できるか、勝負どころですね。

遠山金志郎と南洋三の対立。
新人女性警察官の相川実里の成長物語。

見どころは満載です。

ヒロインの瀧本美織さんは、本当に魅力的な女優なので、どんな演技を魅せてくれるのか、凄く期待しています。

ハラハラドキドキできる痛快なヒューマン&サスペンス。
コミカルな味付けもきかせた極上の刑事ドラマ。

日曜の夜にスカッとして、月曜の朝の目覚めを良くする爽快なストーリーに仕上げてほしいと願いますね。

まとめ

『残念な夫』では、浮気をして離婚を言い渡されるダメな夫を演じた玉木宏さん。
でも『あさが来た』では、奮闘する妻を守り支える最良の夫を熱演。
遠山金志郎署長は、独身なのか結婚しているのかは、今のところわかりません。
とにかく、平成の遠山の金さんの大活躍を期待しています。