恋のレースはデッドヒート!
現在フジテレビ月9で放送中の『好きな人がいること』

美咲(桐谷美玲)と夏向(山崎賢人)が結ばれるのかと思ったら、まさかの千秋(三浦翔平)が大外一気の差し切りで大どんでん返し!?

美咲はもともと千秋が好きだっただけに、果たしてどうなるのでしょうか。

そして10月からは、同じ時間帯でこちらもヒューマンラブストーリー『カインとアベル』が放送されます。

ここではドラマのキャストとあらすじ、そして見どころを紹介していきたいと思います。

最後に韓国ドラマ『カインとアベル』との比較から、フジ月9『カインとアベル』の結末も予想しちゃいますよ~。

ぜひ、ご覧ください!
スポンサーリンク

カインとアベル ドラマのあらすじは?

それでは最初に、ドラマのあらすじを見ていきましょう。

主人公の高田優が育った環境は、決して幸福とは言えませんでした。

父は、成績優秀な兄のことばかりを寵愛し、弟の優は嫉妬に胸を焦がした少年時代。
そのため、父に認められたいという思いが人一倍強くなったのです。

愛情に飢えたまま、しかし父の愛を受けることはなく、やがて大人になり、社会人になった優。

彼は、デベロッパー会社に勤めるサラリーマン。

そんなある日、運命の出会いが。
優は、一人の素敵な女性と巡り会いました。

ところがその彼女は、好きになってはいけない人。
兄の恋人なのです。

好きになってはいけない人を、好きになってしまった・・・。

ダメとわかっていても止まらない大感情。
愛への渇望は、理性など簡単に破壊して突き進みます。

日に日に彼女への愛情が強くなっていく優。

禁断の恋と、兄弟の確執。
そして、父と子の葛藤。

複雑な人間模様の中で、優はどんどん変わっていくのです。

カインとアベル キャストを紹介

今のところ発表されているキャストは、主演の山田涼介さん一人です。

主人公の高田優を演じます。

一難去ってまた一難。
何度も続く試練を乗り越え、逞しい男に変貌を遂げる高田優。

今まで山田涼介さんが演じたことがない役柄です。

スーツ姿で演技をするのが初めてという山田涼介さん。
もう一つ、初めてと言われているのがラブストーリー。

でも『金田一少年の事件簿』は、一応美雪(川口春奈)とのラブストーリー入ってますよね。

おそらく『金田一少年の事件簿』は推理がメインなので、今回の『カインとアベル』が初の本格ラブストーリーということなんでしょう。

山田涼介さんは「新しい山田涼介を届けたい」と主演の意気込みを語っています。

今までの月9にはなかったようなストーリーのドラマですので、そこの面白さや恋愛模様、そして兄との葛藤を魅力的に描けたらと思っています

「主題歌もぜひHey! Say! JAMPに歌ってほしい」と、早くもファンから声が多数届いていますね。

ほかのキャストが気になります。
優の兄、そしてドラマのヒロインとなる兄の恋人役はどんな女優が演じるのでしょうか。

一部ではなぜか「確定ではない」と断りながら、俳優の名前が出ていますね。

兄の役が桐谷健太さんで、ヒロインが倉科カナさん。
もしもこの二人だったら最高のキャスティングです。

期待して発表を待ちたいと思います。

カインとアベル ドラマの見どころ

それでは、ドラマの見どころを見ていきましょう。

山田涼介さんは、『金田一少年の事件簿』では高校生。
『暗殺教室』では中学生。

学生服を着た役柄が多かったのですが、今度はスーツを着たサラリーマンです。

スーツを着た役が初めてというのも意外な気もしますが、ネクタイ姿は似合うでしょうか。
楽しみですね。

主人公の高田優を山田涼介さんに演じてもらおうと思った理由は?と聞かれた羽鳥健一プロデューサー。
「この役は高い演技力が要求されるから」と。

映画『グラスホッパー』では、ナイフが武器の冷酷な始末屋を見事に演じ切った山田涼介さん。
完全なヒールです。
演技の幅を感じさせましたね。

本作『カインとアベル』も、初スーツ、初ラブストーリー、初フジ月9主演の、初づくしで、きっと新境地を魅せてくれることでしょう。

カインとアベルは、旧約聖書『創世記』第4章に登場する兄弟の名前です。
アダムとイヴが楽園を去ったあとに生まれた息子たちがカインとアベルという神話。

この神話を原案に、今までもアメリカや韓国やイギリスなどで、映画やドラマになり、小説にも描かれてきました。

アメリカではあのジェームズ・ディーン主演の『エデンの東』

1955年の作品ですが、兄ばかりを寵愛する父に、切ない思いを抱く弟。
興味深いのは、弟が兄の恋人と同じ悩みを共有するうちに急接近してしまうこと。

もしかして高田優も、兄の恋人と何かで意気投合してしまうのでしょうか。

運命的な兄弟を暗示させる物語。
フジ月9の『カインとアベル』は、2016年の東京を舞台に描かれます。

禁断の恋は、時代を超えた普遍のテーマでもあります。
まあ、普通に恋して第1話からラブラブでは物語が成立しませんからね。

禁断の恋によって、多くの映画や文学やドラマが生まれました。
そのため「禁断の恋は文化」と言っても決して不謹慎ではないのです。

「不倫は文化ではありません!」と力説していたベテラン俳優も最近いましたが・・・。

高田優が、どんな風に彼女と出会い、恋に落ちてしまったのか。
恋をしてから、兄の恋人だと知ったのか。
兄の恋人と知っていて好きになってしまったという始まりなのか。
自分の恋人に恋愛感情を抱く弟を、兄はどう思うのか。

そして、父は、やはり優を認めないのか。

複雑に絡み合う人間模様の中で、優は葛藤を繰り返し、苦難を乗り越え、逞しい男性に成長していく。
そんな青春ストーリーという面もある『カインとアベル』

あらゆる世代が楽しめるヒューマンラブストーリーです。
スポンサーリンク

カインとアベルの最終回を予想

韓国で、2009年に全20話で放送された『カインとアベル』
今回の月9『カインとアベル』と韓国ドラマ『カインとアベル』は、設定も全く違いますし、内容も別の話と思ったほうが良さそうですね。

ただ、複雑な恋愛模様や兄弟の確執という大きなテーマは一緒です。

ソウルの大病院の院長を父に持つ実の息子のソヌ。
父の親友の子であるチョイン。
両親を亡くした赤ちゃんのチョインを院長が養子として育てます。

つまり、韓国ドラマは実の兄弟ではないのです。

弟のチョインを寵愛する父。
実の子であるソヌを愛し、血のつながっていない弟のチョインに冷たい副院長の母。
まさに、えこひいきがクロスしてしまっている複雑な親子関係。

日本版との違いはまだまだありまして。

兄のソヌは脳神経外科医。
弟のチョインは救急救命医。
二人とも優秀な医師です。

日本版と違い、Wヒロインが登場する韓国版。

兄弟の幼馴染でる魅力的なソヨンを、二人とも恋してしまうという悲劇の序曲。
これに加えて病院内での地位争い、院長の後継という権力闘争で完全に対立してしまう兄弟。

ここからが韓国版の激しいところで、兄は弟を人に依頼し、亡き者にしようとします。

砂漠に連行され、銃で頭を撃たれ、一命を取りとめたものの、記憶喪失になる弟のチョイン。

まさか日本版では、ここまで激烈な事態にはならない気もしますが。
でも、恋人を奪われたりしたら、わかりませんね。

人間の憎悪はエスカレートすれば一線を超えます。

そんな時に登場するもう一人のヒロイン・ヨンジ。

彼女はスパイでチョインのそばから離れませんが、彼と接しているうちに恋に落ち、スパイをやめてチョインと良い仲に!

日本版でも、こんなスリリングな展開は歓迎ですが・・・。

記憶を取り戻したチョインは、病院に戻り、兄が自分を葬ろうとしたことを知り、いよいよ戦闘状態に。
そんな時、前から悪かった脳腫瘍が悪化した兄のソヌ。

弟のチョインに執刀を懇願しますが、チョインは断固拒否。
しかし紆余曲折あり、ついにチョインは兄の手術をするのです。

前の恋人・ソヨンは兄に奪われた形でしたが、今はヨンジという生涯の伴侶を得たチョイン。

病院での権力闘争にも勝利したチョインは、最後に兄を赦します。

設定、展開、どれを比較しても、日本版と韓国版は別物と見ていいでしょう。

まだキャストやストーリーの情報が少ない月9『カインとアベル』

高田優は、もしかしたらドラマの序盤か中盤で兄の恋人と恋に落ち、奪ってしまう展開を予想。
激怒した父と兄が、優に対して迫害を開始。

月9『カインとアベル』の公式サイトに、優が「度重なる危機に直面する」とあるのは、このことではないのかと推理します。

まさか韓国版のように銃で頭を撃ったり、車で轢こうとしたりという事態にはならないと思いますが。

名医のチョインが手術で兄の命を救ったように、高田優も何かで兄を助け、兄にも、そして初めて父にも認められ、ハッピーエンド!

恨まれながらではなく、家族に祝福されて愛する人と結ばれる優。

・・・なんて上手く行くでしょうか。

それとも家族と縁を切って大切な人と逃避行し第二の人生。
哀しいけどこちらのほうがリアリティがあるか。

いずれにしても、優と彼女の禁断の恋は成就すると思います。

根拠はありませんが、チョインが優だとすると、全てを手に入れたチョインと同様、優も大切なものを勝ち取るラストではないかと予想します。

まとめ

一部では「ラブストーリーの主役としては身長が足りない」という声が聞こえますが。
関係ないです、大丈夫です。

山田涼介さん主演の『金田一少年の事件簿』シリーズは全作品観ましたが、やはりカッコイイですね。

美雪が惚れてしまうのもわかります。
美雪とは高校生の恋愛なので、さほどきわどいシーンはありませんが、『カインとアベル』は大人の恋。

ハラハラドキドキの展開で、山田涼介ファンが「待たれー!」と叫びたくなる場面もあるかもしれませんね。
楽しみにしましょう。